幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 不動産会社・ディベロッパー
  3. 住友不動産

住友不動産

マンションを購入する前に知っておきたい会社情報を掲載しています。 住友不動産のマンション購入を、他の不動産会社・ディベロッパーと 比較しながら検討するなら現在、住友不動産他の不動産会社・ディベロッパーと モデルルームなどの住友不動産に関する情報を収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったマンションのモデルルームを見て歩き、 あなたが思い描く理想のマンション・住宅を見つけてくださいね。

住友不動産の会社情報

住友不動産(すみともふどうさん)は、東京都新宿区に本社を置く住友グループの大手不動産会社である。三井不動産・三菱地所と共に、総合デベロッパー大手三社と呼ばれる。分譲・賃貸などリテール事業に強い。

沿革 1949年 - 財閥解体により株式会社住友本社を継承する会社として設立 1970年 - 東京・大阪両証券取引所第2部に株式上場 1971年 - 東京・大阪両証券取引所第1部に指定替え

主な物件 新宿住友ビルディング、 新宿NSビル、 新宿オークタワー、 泉ガーデンタワー 、 ワールドシティタワーズ、 シティタワー高輪

住友グループ(すみともグループ)とは、戦前の住友財閥の流れを汲む企業グループである。 住友政友が京都で開いた富士屋が発祥であり、企業グループとしての住友は別子銅山から始まる。 住友は三菱グループ以上に「結束の住友」として井桁マークののれんにこだわった。また、住友グループ主要企業の社長会である「白水会」においては、他の企業よりも数が少なく、それだけ直系を重視している。また実利・功利一辺倒で、社会・文化・地域活動は積極的ではなかった。三菱や三井に比べて近代化には乗り遅れたものの、その後やや荒いながらも各企業を伸ばしていき、住友銀行や住友商事の利益を日本一に導いた。一方、顧客や取引先からは、あまり評判がよくなかった。 住友グループの中核とされる、三井住友銀行、住友金属工業、住友化学の3社を「住友グループ御三家」と呼ぶ。 直系グループ外にも松下電器産業、マツダ、アサヒビールなど、巨大企業を銀行系列に近い形のグループ化(やはり直系グループではない)に収めていった。 その後は住友銀行が、さくら銀行と合併し、他の財閥と一緒になったり住友と三井の合併が進むかに見えた。しかし、住友化学と三井化学のように合併予定が白紙撤回になったりしている。三井住友銀行となって、設立した三井住友フィナンシャルグループには同じ住友の金融系である住友信託銀行は参加しなかったりと、依然住友グループは独立色が強い。 また、1985年のつくば万博の住友館では、住友グループにとって初の試みとなる、3D大型立体映像アトラクション「大地の詩」にも制作協力に関わっていた。 日本最大の組織設計事務所であり、東京タワー、東京ドーム、京都迎賓館等、日本に置ける主要な建築物の多くの設計業務をてがけている日建設計も、戦前に住友から独立し、現在に至っている会社である。 そのため、住友系企業の自社ビルはほとんどが日建設計によるもの。

全国から新築マンション検索・地域情報

全国から新築分譲マンションを探す

47都道府県別に探す