幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 不動産会社・ディベロッパー
  3. 野村不動産

野村不動産

マンションを購入する前に知っておきたい会社情報を掲載しています。 野村不動産のマンション購入を、他の不動産会社・ディベロッパーと 比較しながら検討するなら現在、野村不動産他の不動産会社・ディベロッパーと モデルルームなどの野村不動産に関する情報を収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったマンションのモデルルームを見て歩き、 あなたが思い描く理想のマンション・住宅を見つけてくださいね。

野村不動産の会社情報

野村不動産株式会社(のむらふどうさんかぶしきがいしゃ)は、野村證券系の総合不動産会社。総合不動産会社では業界5位。住宅分譲が事業の柱で、近年供給戸数は業界トップクラスにまで成長。本社は西新宿の高層ビル群の中の新宿野村ビル。 2004年秋に持ち株会社制へ移行、純粋持株会社の野村不動産ホールディングス株式会社が2006年10月3日に東京証券取引所第一部に上場。

会社沿革 1957年(昭和32年):野村證券から分離独立、ビルの賃貸・管理を主業務として不動産事業を開始 1961年(昭和36年):鎌倉・梶原山住宅地の開発でディベロッパー業務を開始 1963年(昭和38年):コープ竹の丸の建築でマンション分野に進出 1966年(昭和41年):オーバーシーズエンタープライズと販売提携し、芝生霊園(相模メモリアルパーク)の販売を開始 1972年(昭和47年):フィジー島の別荘地分譲を開始、海外事業に進出 1978年(昭和53年):新宿野村ビル完成(昭和50年7月着工)。本社を日本橋から移転 1989年(平成元年):鶴川緑山倶楽部オープン。フィットネス事業に進出 2002年(平成14年):会社シンボルマ-ク発表。 住宅の統一商品・サービスブランド名「PROUD」を発表 2004年(平成16年):野村不動産ホールディングス株式会社による持株会社体制へ移行

野村證券-野村證券株式会社(のむらしょうけん、英文名 Nomura Securities Co., Ltd.)は、日本最大の証券会社であり、東京都中央区日本橋一丁目9番1号(日本橋本社・本店)に本拠を構える。

1918(大正7)年に 二代目 野村徳七によって設立された大阪野村銀行(現・りそな銀行、旧大和銀行)の証券部が1925(大正14)年12月25日に独立し、大阪市東区(現在の大阪府大阪市中央区、現・大阪支店の地)で開業した(当時の社長は片岡音吾)。 飯田清三が社長だった1941年に日本初の投資信託業務の認可を受け、1946年に東京に本社を移転。1949年に東京証券取引所正会員となる(当時の社長は奥村綱雄)。瀬川美能留が社長であった1961年に株式を東京証券取引所・大阪証券取引所・名古屋証券取引所に上場し、1965年に調査部を分離独立して株式会社野村総合研究所(NRI)を設立している。 1991年には、株取引に伴う損失補てん問題により、当時の社長であった田淵義久が引責辞任。1997年には、総会屋に対する利益供与事件により田淵義久の後を継いだ酒巻英雄が引責辞任をするなど、証券業のモラルを欠いたスキャンダルも多い。 2001年、持株会社移行に伴い野村證券と持株会社の野村ホールディングスに機能を分割。今日の野村証券グループの中核を担う。旧野村證券が野村ホールディングス(持株会社)に衣替えし、新たに旧野村證券が行っていた証券・付帯業務を行う事業会社、新野村證券が設立され資産等の移転が行われた。 最近では野村総合研究所のシンクタンク部門やリサーチ部門を引継ぎ再編し、金融のシンクタンク機能やリサーチ機能の強化を行った。野村證券内に金融経済研究所を設置し、野村資本市場研究所を別会社としてホールディングス傘下に設立した。 また、他の金融機関と一定の距離を保ち、国の政策である金融コングロマリットとは一線を引いた全方位外交を展開している。ただし、UFJ信託銀行や三菱信託銀行(いずれも現在の三菱UFJ信託銀行)と信託分野で提携するなど三菱UFJフィナンシャル・グループと緊密になりつつある。 元来UFJ信託銀行はその前身である東洋信託銀行が三和銀行、神戸銀行と共に設立した会社であり、また旧三菱東京フィナンシャル・グループの証券会社・三菱証券(現在の三菱UFJ証券)の前身である国際証券を傘下に持ち証券部門の強化を目指していた同グループに同証券の株式を売却した経緯がある。 2005年12月25日で創業80年を迎え、2006年4月1日より連結グループ名称を「野村証券グループ」から「野村グループ」に変更した。

全国から新築マンション検索・地域情報

全国から新築分譲マンションを探す

47都道府県別に探す