幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 不動産会社・ディベロッパー
  3. 東京建物

東京建物

マンションを購入する前に知っておきたい会社情報を掲載しています。 東京建物のマンション購入を、他の不動産会社・ディベロッパーと 比較しながら検討するなら現在、東京建物他の不動産会社・ディベロッパーと モデルルームなどの東京建物に関する情報を収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったマンションのモデルルームを見て歩き、 あなたが思い描く理想のマンション・住宅を見つけてくださいね。

東京建物の会社情報

東京建物(とうきょうたてもの)は、安田財閥の創始者、安田善次郎が1896年に設立した日本で最も古い歴史を持つ総合不動産会社である。 設立当初より、日本で最初の住宅ローンを開始したり、1998年には国内で初のSPC法に基づく不動産証券化第1号登録を取得するなど、不動産業界の中では先駆的な役割を果たしてきた会社である。 不動産の鑑定に関しての歴史も大変古く、明治30年代以降から業務を行っており、社団法人日本不動産鑑定協会の設立に発起人として参画するなど、不動産鑑定業界においても草分け的な存在である。 2003年には分譲マンションのブランド名を、それまでの価格帯・仕様別で5つに分かれていたヴェールシリーズから「Brillia調布国領」の分譲より「Brillia(ブリリア)」の1ブランドに統一した。ブランド戦略の一環として竹中直人氏を起用したテレビCMを行っている。 高級賃貸マンションブランドとしては、「アパートメンツ」シリーズがあり、「アパートメンツ東雲」は総戸数423戸と民間の賃貸マンションとしては最大級の規模を誇る。 SPCを活用した再開発を得意としており、「オリナス(錦糸町)」や「VIORO(福岡・天神)」、「大手町プロジェクト」などのプロジェクトがあるが、京急川崎駅前の商業施設「DICE」については、法定再開発事業にSPCが単独で参加組合員となって事業参画した国内初のプロジェクトである。

会社沿革 1896年:安田善次郎により東京市日本橋区呉服町に設立。 1907年:東京株式取引所に株式を上場 1928年:宅地分譲開始(関口台町分譲地) 1929年:東京建物本社ビル竣工。本店移転(日本橋呉服橋三丁目7番地) 1937年:別荘分譲開始(湯河原) 1943年:安田ビルディング(株)を吸収合併(旧 東京建物大阪ビル取得) 1945年:合名会社安田保善社の関係会社として制限会社に指定 1949年:東京証券取引所に株式再上場 1952年:宅地建物取引業者免許を取得 1965年:不動産鑑定業者登録 1968年:マンション分譲開始(藤沢マンション) 1989年:(株)長井コンパウンドの全株式を取得(現 東建インターナショナルビル(株)) 1990年:Tokyo Tatemono(U.S.A.),Inc. 設立 1993年:ヴェールマンションシリーズ発売 1996年:創立100周年、企業理念・シンボルマーク制定 1998年:SPC法に基づく不動産証券化第1号登録を取得 2002年:東京証券取引所にJ-REIT「日本プライムリアルティ投資法人」上場 2003年:Brilliaブランドのマンション分譲開始(Brillia調布国領)

全国から新築マンション検索・地域情報

全国から新築分譲マンションを探す

47都道府県別に探す