幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 不動産会社・ディベロッパー
  3. 東急不動産

東急不動産

マンションを購入する前に知っておきたい会社情報を掲載しています。 東急不動産のマンション購入を、他の不動産会社・ディベロッパーと 比較しながら検討するなら現在、東急不動産他の不動産会社・ディベロッパーと モデルルームなどの東急不動産に関する情報を収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったマンションのモデルルームを見て歩き、 あなたが思い描く理想のマンション・住宅を見つけてくださいね。

東急不動産の会社情報

東急不動産(とうきゅうふどうさん)は東京急行電鉄株式会社系の総合不動産会社。総合不動産では業界4位。
沿革-1918年 田園都市株式会社設立 1953年 東京急行電鉄株式会社より不動産部門を分離独立、東急不動産株式会社を設立 1956年 東京証券取引所市場第二部に株式上場 1961年 東京証券取引所市場第一部に株式上場

東急グループ
東急グループ(とうきゅうグループ)は、東京急行電鉄株式会社(東急)を中核とする企業グループである。2006年の概況では、東京急行電鉄・子会社199社・関連会社24社で構成。キャッチコピーは「美しい時代へ」。 同じ電鉄系企業集団でライバルと目される旧西武グループは、相続問題から西武鉄道グループ(西武グループ)とセゾングループに分裂に至った。一方、東急グループ五島一族は創業家では無く、資本的な(株式)支配も希薄で純粋な『経営者』に徹したことから、世襲の弊害を意識して実力主義を貫き、多角化が順調に進んだ。安定的な収益を生む鉄道を中核に、交通・不動産・リテール・レジャー/サービス・ホテル等の各分野が一丸となっているのが強み。 しかし、「東急グループ」の厳格なマネジメントは存在せず、拡大成長とともに各社の自由な裁量で、加盟会社が無秩序に増えていった結果、最大で500社を数えるまでに膨張。バブル崩壊後の縮小経済下では、そのスケールの巨大さはデメリットに転じ、グループ全体で3兆円以上の有利子負債を抱えるなど業績不振に陥った。さらに、グローバル基準である連結決算重視の流れや減損会計の導入などを受けて、グループ大再編に踏み切った。 1998年、主要加盟社に対し「自立なき者は共創の輪に加わる事ができない」旨を通告したのを皮切りに、リストラを大胆に加速。磐石である電鉄に依存するのみで、シナジー価値を創出していないと判断された数百社がグループを離脱。現在では、全国拡張路線を改め、原則的に東急沿線や都市部に経営資源を集中させ、「東急の価値を共に高める総合力」が東急グループであると定義した。重要なコア事業を担う子会社等は、本体(電鉄)にとってのポートフォリオ企業として監視を強める体制にした。加盟社数は大きく減少したが、業績は逆に好転し近年では回復傾向にある。

全国から新築マンション検索・地域情報

全国から新築分譲マンションを探す

47都道府県別に探す