幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 不動産会社・ディベロッパー
  3. 伊藤忠

伊藤忠

マンションを購入する前に知っておきたい会社情報を掲載しています。 伊藤忠のマンション購入を、他の不動産会社・ディベロッパーと 比較しながら検討するなら現在、伊藤忠他の不動産会社・ディベロッパーと モデルルームなどの伊藤忠に関する情報を収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったマンションのモデルルームを見て歩き、 あなたが思い描く理想のマンション・住宅を見つけてくださいね。

伊藤忠の会社情報

伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ)は、総合商社の一つであり、非財閥系商社としては最大手である。 同業の丸紅株式会社とは同根。 銀行との融資・資本関係としては太平洋戦争以前から住友銀行と親密であったが、戦後住友商事が設立されるに伴い、住友系列より徐々に離脱し旧・第一勧銀グループからの流れを受けて現在はみずほグループに属す。 繊維では断突で、情報通信と中国展開で先行している。米国法人は商社中で最大手である。東京証券取引所市場第一部上場。

歴史 1858年、伊藤忠兵衛が麻布(あざぶではなくあさぬの)の「持下り」行商を開始したことをもって創業としている。これは、丸紅と同じ起源となっている。その後、いったん丸紅と分割されたものの、戦時中に再度合併(大建産業)、戦後の財閥解体措置により再度両社は分割され、1949年に現在と直接つながる伊藤忠商事株式会社が設立された。

沿革 1858年5月 伊藤忠兵衛によって麻布類の卸売業として創業する。 1872年1月 当時の大阪市東区本町2丁目に紅忠(べんちゅう)を創立する。 1884年 紅忠を紅伊藤本店とする。 1893年 伊藤糸店を開く。 1914年12月 伊藤忠合名会社に改組する。 1918年12月 伊藤忠合名会社を株式会社伊藤忠商店(丸紅の前身)と伊藤忠商事株式会社に分割する。 1941年9月 丸紅商店、伊藤忠商事、岸本商店の3社が合併して、三興株式会社となる。 1944年9月 三興、大同貿易、呉羽紡績の3社が合併して、大建産業株式会社となる。 1949年12月1日 大建産業が過度経済力集中排除法の適用を受け、4社に分割され、伊藤忠商事株式会社として設立される。 1961年12月 森岡興業株式会社を合併する。 1964年4月 青木商事株式会社を合併する。 1977年10月 安宅産業株式会社を合併する

全国から新築マンション検索・地域情報

全国から新築分譲マンションを探す

47都道府県別に探す