幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 不動産会社・ディベロッパー
  3. オリックス・リアルエステート

オリックス・リアルエステート

マンションを購入する前に知っておきたい会社情報を掲載しています。 オリックスのマンション購入を、他の不動産会社・ディベロッパーと 比較しながら検討するなら現在、オリックス他の不動産会社・ディベロッパーと モデルルームなどのオリックスに関する情報を収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったマンションのモデルルームを見て歩き、 あなたが思い描く理想のマンション・住宅を見つけてくださいね。

オリックス・リアルエステートの会社情報

オリックス・リアルエステート株式会社は東京都に本社を置く不動産会社。 マンションブランドとして「サンクタス」シリーズを展開している。 また、2006年9月1日付けで大阪シティドーム(大阪ドームの運営会社)を買収し、同社の筆頭株主となった。

オリックス株式会社
オリックス株式会社(ORIX Corporation)は、日本のリース会社である。この外、グループで信託銀行、保険、証券会社など金融業務を中心に幅広く事業を行っている。プロ野球・オリックス・バファローズ(1989-1990年はオリックス・ブレーブス、1991-2004年はオリックス・ブルーウェーブ)の親会社。 1964年に日綿実業(現双日)と三和銀行(のちのUFJ銀行、現三菱東京UFJ銀行)を主体に、日本初のリース会社「オリエント・リース株式会社」設立。1970年4月に大阪証券取引所第二部上場(証券コード:8591)。1973年2月には東京証券取引所第一部昇格。1986年以降、他企業の買収による事業の多角化(リース部門だけでなく信託銀行・保険・証券・消費者金融)が活発となる。1989年にCI導入により社名をオリックス株式会社に改称。1998年9月16日にはニューヨーク証券取引所(証券コード:IX、日本の金融業としては三菱UFJフィナンシャル・グループ、当時:三菱銀行に次いで2番目)に上場を果たし、現在に至る。 旧社名時代にはオリエントファイナンス(現:オリエントコーポレーション)と混同されることが多く、阪急ブレーブスを買収した際の記者会見では、間違えてオリエントファイナンスに行った報道陣もいたという。当然のことながら何の関係もない。 通称村上ファンドことMアンドAコンサルティング設立時に母体となる法人を提供しただけではなく、今日でも大口の出資者としてその収益分配を受けているとも噂されるが、2006年6月22日の衆議院財務金融委員会において、オリックスが村上ファンドへの拠出金のまとめ役になって、村上ファンド傘下の投資事業組合を組織していたことが明らかになった。この拠出金の中には、日銀総裁・福井俊彦が以前に行なった1000万円も含まれている。

全国から新築マンション検索・地域情報

全国から新築分譲マンションを探す

47都道府県別に探す