幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 不動産会社・ディベロッパー
  3. 東武不動産

東武不動産

マンションを購入する前に知っておきたい会社情報を掲載しています。 東武不動産のマンション購入を、他の不動産会社・ディベロッパーと 比較しながら検討するなら現在、東武不動産他の不動産会社・ディベロッパーと モデルルームなどの東武不動産に関する情報を収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったマンションのモデルルームを見て歩き、 あなたが思い描く理想のマンション・住宅を見つけてくださいね。

東武不動産の会社情報

東武不動産株式会社(とうぶふどうさんかぶしきがいしゃ)は、東京都墨田区に本社を置く不動産会社。東武線沿線を中心に東武鉄道分譲物件の販売代理、自社でのマンション・戸建の分譲、中古物件の仲介及び賃貸・管理等を行っている。 本 社:東京都墨田区押上1-1-2 設立:1989年3月 資本金:4億5,400万円 沿革:1989年 東武住宅販売株式会社設立 1994年 一級建築士事務所登録 1997年 東武不動産株式会社に商号変更

東武鉄道
東武鉄道株式会社(とうぶてつどう、英称 TOBU Railway CO.,LTD)は、交通・流通・住宅・レジャーなどの関連会社からなる「東武グループ」の中心企業であり、一般的には「東武」と略されて呼ばれている。 東証一部上場。本社は東京都墨田区押上一丁目1番2号。また、旧芙蓉グループ(旧富士銀行系)を構成する企業の一つでもある。 東京都・埼玉県・千葉県・栃木県・群馬県の1都4県に、総営業キロ数463.3kmに及ぶ鉄道路線を有する大手私鉄である。営業キロ数は、現在日本の私鉄で第2位、関東地方では最長である。 路線は、伊勢崎線・日光線を軸とした「東武本線」と、「東上線」(東上本線・越生線)の2つの系統に分けられる。パスネットの符丁はTB。
路線
大きく東武本線系統(伊勢崎線・日光線・野田線他)と東上線系統(東上線・越生線)とに二分できる。なお、両線の間は自社線では結ばれていないが、車両の転属および東上線車両の南栗橋工場入出場は、秩父鉄道(寄居~羽生間)を利用して行われている。回送時には、秩父ATS搭載の8000系(森林公園検修区所属)が先頭に連結される。 他の私鉄に比べて多くの路線を持つが、これは東上鉄道(東上本線)を合理化のために合併した他、第二次世界大戦中の陸上交通事業調整法により、総武鉄道(野田線)や下野電気鉄道(鬼怒川線)など周辺の小規模な私鉄をいくつか合併した結果である。同様のことは西武や東急、近鉄などでも行われた。 東上鉄道との合併は、東武鉄道の歴史上唯一の対等合併であり、社内外の調整が難航した。結果的に東武本社とは別に東京・西池袋に東上線系統を管轄する東上業務部が設置され、東武本線とは列車種別や運行体制が異なるなど、独立色が強くなっている。(余談だが、東武本線と東上線ではサービス関係はおろか人事をはじめ外注企業に至るまで異なっており、本社内には東武本線部門出身者と東上線部門出身者で2つの派閣のようなものが存在する。影響はグループ会社にも及んでいて、同じ東武グループながら東武系と東上系のどちらかに所属していることが多い) 本線系統は明治時代に蒸気機関車(SL)列車で営業を開始したためか、春日部駅など主要駅の構造などに旧国鉄と共通する部分が多い。高架化前の草加・越谷駅なども国鉄式と呼ばれる駅構内構造を持っていた。 大手私鉄の中では比較的後年(旧国鉄の貨物輸送方式が転換された1984年)まで多くの貨物列車がほぼ全線に渡って運行され、貨物駅も起点側都内の業平橋・千住を始め各地に存在し、北千住・久喜・伊勢崎駅などで貨物の連絡が行われていた。最後まで貨物列車が運行されていた伊勢崎線北部、佐野線でも、2003年9月30日限りで貨物営業が廃止された(貨物列車の運行自体は廃止日以前に終了している)。

全国から新築マンション検索・地域情報

全国から新築分譲マンションを探す

47都道府県別に探す