幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 不動産会社・ディベロッパー
  3. 鹿島建設

鹿島建設

マンションを購入する前に知っておきたい会社情報を掲載しています。 鹿島建設のマンション購入を、他の不動産会社・ディベロッパーと 比較しながら検討するなら現在、鹿島建設他の不動産会社・ディベロッパーと モデルルームなどの鹿島建設に関する情報を収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったマンションのモデルルームを見て歩き、 あなたが思い描く理想のマンション・住宅を見つけてくださいね。

鹿島建設の会社情報

鹿島建設株式会社(かじまけんせつ)は日本の大手総合建設会社である。対外的には単に鹿島と称している。ゼネコン大手五社(鹿島建設、竹中工務店、清水建設、大林組、大成建設)の一つ。現在、大手ゼネコンと呼ばれている企業の殆どは、戦前は、設備も技術力もそれほど高くなく、軍隊等の官の建設事業の下請けから始まったといえる。
沿革-1840年(天保11年)鹿島岩吉、江戸中橋正木町において創業。 1880年(明治13年)鹿島組創立。東京京橋木挽町九丁目に本店を構え、鹿島岩蔵が初代組長となる。 1918年(大正7年)丹那トンネル西口着工。1934年(昭和9)完成まで17年の歳月を要した難工事。 1930年(昭和5年)株式会社鹿島組設立(資本金300万円)。鹿島精一が社長となる。 1938年(昭和13年)鹿島守之助社長就任。 1947年(昭和22年)社名を鹿島建設株式会社に改称。 1965年(昭和40年)日本初の超高層ビル、三井不動産霞が関ビル(地上36階)着工。 1973年(昭和48年)サンシャイン60着工。 1974年(昭和49年)最高裁判所新庁舎完成。新宿副都心に新宿住友ビル、KDDビル、新宿三井ビル完成。 1988年(昭和63年)青函トンネル、本州四国連絡橋完成。 1994年(平成6年)関西国際空港開港。 2004年(平成16年)営業社員が連続大量強盗強姦で逮捕。 2006年(平成18年)5月11日 防衛施設庁談合事件にからむ不正入札に関して、国土交通省から30日間の営業停止命令が下りる。また、同事件にからむ営業停止命令は、同社を含んだゼネコン大手など8社に及ぶ規模。
特徴-建設業における頂点であるスーパーゼネコン大手の一角、完成工事高で比較しても、国内トップクラスであると同時に業界のオピニオンリーダーである。超高層ビル事業を得意とする。社員があっせん利得処罰法違反で逮捕されており、数々の談合事件への関与とそれに対する社会の批判や行政の罰則は厳しく、その後の建設業界への社会の対応の変化に少なからず影響している。

全国から新築マンション検索・地域情報

全国から新築分譲マンションを探す

47都道府県別に探す