幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 不動産会社・ディベロッパー
  3. 積和不動産

積和不動産

マンションを購入する前に知っておきたい会社情報を掲載しています。 積和不動産のマンション購入を、他の不動産会社・ディベロッパーと 比較しながら検討するなら現在、積和不動産他の不動産会社・ディベロッパーと モデルルームなどの積和不動産に関する情報を収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったマンションのモデルルームを見て歩き、 あなたが思い描く理想のマンション・住宅を見つけてくださいね。

積和不動産の会社情報

株式会社積和不動産(かぶしきかいしゃせきわふどうさん)は東京都に本社を置く不動産会社。積水ハウスのグループ会社である。

積水ハウス
積水ハウス(せきすいハウス)は、日本の建設会社。 前身は日本窒素で、1963年に積水化学工業から分離独立した。2006年現在、日本国内において単体売上高・連結売上高で大和ハウス工業に次ぐ業界2位の規模。子会社には積和不動産や積和建設などがある。
主な商品-
グルニエダインシリーズ(鉄骨系2階建て住宅)、シャーウッド(木造2階建て住宅)、ビエナ(鉄骨系3階建て住宅)、グランドメゾン(分譲マンション)、シャーメゾン(賃貸住宅)、調査工事商法など
備考-
余り知られていないかもしれないが、1970年代に放送され、後にオムニバスCDにも収録された「積水ハウスの歌」も何度かアレンジしている。現在は、メロディーのみで、サビの最後の部分を流している程度である(2006年現在「トリプル・キッチン」や「全日本大学駅伝」の放送内でグループ会社を紹介する1分間のCMが流れたが、ここでは南佳孝が歌っている)。また、「積水ハウスの歌」を、同社のサウンドロゴと考えがちな意見も多い。 積水ハウスの専務取締役杉村和俊は、大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター所長の武者小路公秀が代表を勤める人権フォーラム21の副理事である。 2006年(平成18年)7月31日、同社に勤務する在日韓国人社員が、人種に基づく差別的発言を受けたとして、同社顧客を相手取る訴訟を大阪地方裁判所に提訴した。請求内容は300万円の慰謝料と謝罪広告の掲載。なお、同社は事件の訴訟費用を負担し、また社員が裁判に出席する時間を勤務時間とみなすなど、この訴訟を全面的に支援する方針であることを表明した。

全国から新築マンション検索・地域情報

全国から新築分譲マンションを探す

47都道府県別に探す