幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 不動産会社・ディベロッパー
  3. 阪急不動産

阪急不動産

マンションを購入する前に知っておきたい会社情報を掲載しています。 阪急不動産のマンション購入を、他の不動産会社・ディベロッパーと 比較しながら検討するなら現在、阪急不動産他の不動産会社・ディベロッパーと モデルルームなどの阪急不動産に関する情報を収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったマンションのモデルルームを見て歩き、 あなたが思い描く理想のマンション・住宅を見つけてくださいね。

阪急不動産の会社情報

阪急不動産株式会社(はんきゅうふどうさんかぶしきかいしゃ)は、大阪府大阪市に本社を置く日本の不動産会社である。阪急阪神東宝グループ。

阪急阪神東宝グループ(はんきゅうはんしんとうほうグループ)は、いわゆる「阪急阪神」の経営統合が行われた2006年10月1日に発足した、阪急阪神ホールディングス株式会社、株式会社阪急百貨店及び東宝株式会社を中核とする企業グループである(旧:阪急東宝グループ)。資本的なつながりの一方で、文化的なつながりでもある。「阪急阪神ホールディングスグループ」、「阪急百貨店グループ」と「東宝グループ」の3本柱から構成されている(統合時、「阪急百貨店グループ」と「東宝グループ」については、阪急東宝グループ時代のものをほぼそのまま引き継ぐことになったが阪神百貨店については、業態よりも資本関係が重視され、発足時点現在では「阪急阪神ホールディングスグループ」に所属している)。

グループ概要-中核企業とされる阪急電鉄・阪急百貨店・東宝の3社はいずれも旧三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)をメインバンクとしていた関係で、三和グループの企業から構成されるみどり会(阪神百貨店関連の阪神みどり会とは一切関係ない)に属し、阪急電鉄は旧三和グループの社長会である三水会に所属していたことから、旧阪急東宝グループは三菱UFJグループ(三菱グループではない)内の企業集団と看做されることが多かった。一方の阪神電気鉄道は歴史的経緯から旧住友銀行(現三井住友銀行)や住友信託銀行をメインバンクとし、住友色が強い企業であった。これら銀行系列は阪急阪神の経営統合により、今後、変化していくことは十分に考えられる。 阪急阪神東宝グループとなっているものの、中核企業3社間の資本関係は、下記のとおり、あまり濃くはない。 阪急阪神ホールディングス株式会社の株式 東宝株式会社0.39%、株式会社阪急百貨店1.45% 株式会社阪急百貨店の株式(2005年3月末現在) 阪急百貨店共栄会17.74%(1位)、東宝株式会社4.66%(3位)、阪急阪神ホールディングス株式会社3.04%(5位) 東宝株式会社の株式(2006年2月末現在) 阪急阪神ホールディングス株式会社12.08%(1位、同社の持分法適用会社)、阪急不動産株式会社(阪急電鉄グループ)8.01%(2位)、株式会社阪急百貨店7.23%(3位) なお、宝塚歌劇団は阪急電鉄の内部組織の1つである。

全国から新築マンション検索・地域情報

全国から新築分譲マンションを探す

47都道府県別に探す