幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 不動産会社・ディベロッパー
  3. 長谷工

長谷工コーポレーション

マンションを購入する前に知っておきたい会社情報を掲載しています。 長谷工のマンション購入を、他の不動産会社・ディベロッパーと 比較しながら検討するなら現在、長谷工他の不動産会社・ディベロッパーと モデルルームなどの長谷工に関する情報を収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったマンションのモデルルームを見て歩き、 あなたが思い描く理想のマンション・住宅を見つけてくださいね。

長谷工の会社情報

長谷工コーポレーション(はせこう-)は、東京都港区にある大手ゼネコン、マンション会社である。 元々は兵庫県が企業発祥地で1937年に尼崎市で「長谷川工務店」として創業。1946年に姫路市に本社を移して株式会社組織として運営を開始。これが企業の設立年度となっている。1951年に関東地方での事業を拡大するため東京出張所をオープン。その2年後の1953年に業務拡大のため大阪市、1970年に東京都渋谷区に本店を移動した。 当社の中心各事業であるマンション事業は1969年に芦屋市に開設された「芦屋松浜ハイツ」。1973年には事業開始から5年目で施工戸数日本一を達成。 本店移動はその後も1974年に港区赤坂の「赤坂ロングビーチビル」内、1981年には芝と業務を拡大するごとに転々となっていった。 1988年に京都ブライトンホテルを開業し、ホテル事業に進出。更なる業務の拡大を目指し同年10月に現在の社名「長谷工コーポレーション」と改めた。 1995年資産圧縮計画を策定。本社が抱える6910億円(簿価)のうち3800億円を処分する方針を決定。受け皿会社への移管で、1900億円の損失処理。 1997年には3月に関東で、7月には関西でそれぞれISO9001(品質の管理・保障システムの国際規格)を共同住宅の建設で初めて取得した。 1998年34金融機関に融資残高の48%一律カットを要請。債務免除総額は3942億円の巨額に達した。 1999年長谷工が再建計画を修正。主力三行の負担割合を引き上げ、債務免除総額3942億円のうち396億円は出資に切り替え(2月) 3546億円の債務免除と借入金396億円の出資への切り替えを32金融機関が合意。会田耕平社長は引責辞任。建設省出身の嵩聡久専務が昇格(5月) また2001年にはISO14001(環境マネージメントシステムの国際規格)を7月に関西で、10月に関東でそれぞれ取得した。2002年主力3行が債務株式化を活用した1500億円の追加支援を決定。2000億円の不動産関連損失処理を実施。 [[2003年]主力行のうち、多額な債務免除をした、りそな(旧大和)銀行が債務超過で事実上国有化 近年では高齢者介護付きマンション「センチュリーシティーシリーズ」も全国に展開している。

全国から新築マンション検索・地域情報

全国から新築分譲マンションを探す

47都道府県別に探す