幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築分譲マンション購入の流れ

申込から売買契約まで新築分譲マンション購入の流れ

申込~抽選~契約まで新築分譲マンションに関する購入の流れを記載しています。
おおよそのマンション購入の流れを把握でき、段取りを確認できます。 自己分析、マンションの情報収集、物件探し、モデルルーム見学、家族会議、 物件への申し込み、抽選会、売買契約、ローンの手続き、内覧会・説明会・・・
新築分譲マンションを購入して入居するまでは長い道のりですが、 楽しい時間なのでアッと言う間に過ぎてしまいます。

01:自己分析

自分や家族を見つめ直す。なぜ住み替えを検討しようとしたかを整理

人生には大きな岐路がたくさんあります。なぜ今住みかえを検討する必要があるのか、住まいの形はたくさんあれど、なぜ新築分譲マンションを選択するのかを 自分自身に問い詰めます。
自分が住まいに何を求めているかをリスト化して紙に書き出すと、気持ちの整理ができます。

02:情報収集

新築分譲マンションや、住みたい場所に関する情報収集。

新築分譲マンションについての情報収集をします。
実際に購入を経験している友人や親に相談してみると 自分自身や家族のためになる情報が入手できます。インターネットなどにも情報はたくさんあります。 また、マンションについて記載されている書籍から情報を収集するのもアイデアです。情報武装することからマンション購入の第一歩が始まっています。
どのような地域や場所に建つマンションが良いかも情報収集。通勤や通学、公園などの環境、街の雰囲気など ライフスタイルに会う場所を見つけるのも大切です。

03:物件探し

物件を探す方法は複数あります。全てのツールを使うことが重要

物件探しではインターネットがとても便利です。自分の希望条件や住みたい地域を選択すると、該当する新築分譲マンションの一覧を表示してくれます。
また雑誌やフリーペーパーも活用します。マンション購入に関する役立つ情報も掲載されているケースがあります。
そして新聞の折り込みチラシのチェックは欠かせません。今まさに発売中の物件やモデルルームをオープンしている物件が載っていますので、 気になる物件があったらファイリングします。
駅や街角にある看板にも注意を払います。建設中のマンションの情報が意外とたくさんあります。
気になるマンションが複数見つかったら紙にリストアップします。

04:モデルルーム

気になるマンションのモデルルームを見学。たくさんのモデルルームを見て歩く。

リストアップしたモデルルームを見学に行きます。1日に2~3つぐらいのモデルルームを見れるようにスケジュールを立てておきます。
モデルルームは複数見ることはもちろんの事、決して1度だけしか見てはいけないとう事はありません。何度でも訪問して納得のいくマンションを見つけます。
マンション建設地の周辺環境を見ることも大切です。スーパーやコンビニ、公園、学校、駅などの距離を自分の足で確かめます。朝昼晩と街の表情は変わりますので 時間帯を変えて見ます。

05:家族会議

住まいはみんなの舞台。家族全員が納得できるマンションを購入するために意見出し。

家族全員でこれからの暮らしを話し合う機会を持つことはとても大切です。実際にモデルルームを見て、どの物件が良かったのか、どのような部分に魅力を感じたのかを話し合います。
男性と女性では、住まいに対する要望が異なります。また、大人の視点・子供の視点でも大きく異なるものです。みんなが納得できるマンションを選ぶことが大切です。今後の家族の絆にも 大きく影響してきますので、譲れない事と妥協でき事をハッキリとさせてから話し合うと家族会議もスムーズに運びます。

06:申込み

住みたいマンションが決まったら、モデルルームに行って申込みをします。

いよいよ大切な決断をする時です。いくつもの候補物件の中から一つに絞り込んで、住みたいマンションとそのマンションの住戸(区画)を決定し、モデルルームに行って 申し込みを行います。この時には申込み金として10万円程度(10万円以上必要な場合があります)が必要となります。購入の意思を販社や売主に示します。

07:(抽選)

自分が申込んだ住戸に、他の方も申込んでいる場合は抽選。

抽選はない場合もありますが、申込んだ住戸に他の家族も申込んでいる場合は抽選となります。(先着順で契約をしている物件を除きます) 抽選方法は販売している会社によって異なりますが、くじ引きなどで決定されます。 抽選でハズレてしまった場合は、申込金は返却されます。

08:売買契約

いよいよ正式にマンション購入の契約を結びます。

抽選がなかった場合や、抽選で当選した場合は売買契約の締結になります。 重要事項の説明を受けたり、売買契約書に署名・捺印をします。この時に手付金(物件価格の5~10パーセント)を支払います。 覚えておいて欲しいのがこの手付金。一度契約を交わしてから、その物件を解約しても原則として返却されません。
マンションは大勢で入居しますので、皆が快適に生活するためのルールを定めた管理規約の説明もあります。
やっと、申込みしたマンションが正式にあなたの家族のものになります。 申し込みから売買契約の締結までの期間が少ないので、本当にこの物件で良かったのかを迷うかもしれません。 家族でよく話し合い慎重に行動するようにしましょう。

09:ローン手続き

入居するまでに様々な手続き。

金銭消費貸借契約手続きを行います。登記手続きなども行います。文字だけ見ていると、はじめての方は分からないことばかりですが、 ちゃんと担当営業や係員が一から教えてくれたり、作業を行ってくれるます。指示通りに用意するものを準備すれば スムーズに事は運んでいきます。

10:内覧・説明会

完成途中の住戸をチェックする日です。指摘事項を全て出しましょう。

マンションの建設地では工事が進み、マンションの構造部分が立ち上がり、マンションの内装が仕上げられていきます。日に日に立ち上がってくマンションをワクワクしながら見ます。そしてついに、自分の住戸をチェックする日がやってきます。まだ完成していない部分も多くあるかもしれませんが、 重大な欠陥がないかを注意して見ながら、修正や改修をして欲しい事を挙げます。

11:物件の引渡し

マンションが完成して、あなたの手に住戸の鍵が渡されます。

感動の瞬間が訪れる日です。家族の住まいの鍵を受け取ります。完成した住まいを引き渡してもらう日。引越し前なので住戸の中にはまだ何もありませんが、 これからの生活をリアルに感じることができます。

12:引越し

引越し屋さんを手配して、現在の住まいから新しい住まいに住み替える準備。

引越しも一大イベント。古い住まいに別れを告げます。引越し業者の選定やダンボールへの荷物の詰め込みなど、段取りよく行うことが大切です。

13:新生活

新しい人生の幕が上がります。楽しいマンション・ライフ。

家族みんなが笑顔で新しい人生のスタートを切ります。マンションは購入する過程も楽しいのですが、本当は入居してからの生活が楽しくなくてはなりません。 家族が幸せになれるように、これからもマンションを大切にして生活していく気持ちが湧いてきます。