幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. マンション購入前に知っておきたい事
  3. バルコニー・ベランダ

バルコニーの本当の「広さ」と「大きさ」

バルコニーやベランダの大きな住戸は、部屋も大きく見えるものですよね。
洗濯物を干したりする生活必需のスペースですし、 植栽やガーデンチェアなどを置けば、素敵な空間にもなります。


バルコニー

バルコニー写真 ]

バルコニーで読書をしながら昼下がりを過ごすような ゆったりした時間を過ごしたいと考えるものですよね。

バルコニーのスペースは全てを使えない

そんなバルコニーですが、図面に記載されているほど 広くは使えないのが現状です。
なぜなら、バルコニーの大きな役目の一つとして エアコンの室外機を置かなければならないからです。


室外機を置いたバルコニーの図面

室外機を置いたバルコニーの図面 ]

この室外機が、意外と大きくて、バルコニーの面積を大きく削り とてもスペースを必要とするものなんです。
バルコニーの使い方をあれこれとイメージする前に、 エアコンの室外機を置くスペースを抜いてから どのように使うかを考えると段取りがスムーズです。

また、バルコニーは火災などの緊急時の避難経路になっています。 避難ハッチ(避難するための階段になっています)が埋め込まれている 住戸もあります。


避難ハッチ

避難ハッチ ]

基本的に避難ハッチは鉄板でできており、穴が空いている状態です。 その上に物を置いたりする事はできません。
(物を置くと避難の邪魔になるからです。)

全てのスペースを使い切れないバルコニーですが、 上記のような事を理解した上で、今後の暮らしをイメージすると きっと理に適った使い方が、できるのではないでしょうか。