幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. マンションを購入するためのアイデア
  3. 値下げ交渉について

新築分譲マンションの値下げ・値引き交渉について

新築分譲マンションと一言にいっても、その規模は様々あります。 数十戸のマンションから、大規模なものになると1000戸以上になるものまで。 それら1軒1軒の住戸は床面積や階数、日当たりなどの様々な条件を考慮されて 販売価格が決定されています。
価格というものは、とても面白いもので 需要と供給のバランスによって、様々に変化するものです。 今日の価格と明日の価格は異なっても当然なんですね。 だから、新築分譲マンションを購入した人の中でも、 価格表に記載されている金額と同じお金を支払った人と それより、下回るお金で購入できた人がでてくるのです。
不公平に思われるかもしれませんが、それが現実なんですね。
しかしながら、値引き交渉をして価格表を下回る金額で購入できた人が 必ず幸せになれるという訳ではありません。

値引きされる住戸は不人気の区画である。

人気のない住戸は、ディベロッパーとしても早く入居者を確定したと思っています。 だから、値下げをしても区画を埋めてしまいたいと思うでしょう。 人気が無いからといって、一概に悪い住戸とは言えませんが (マンション全体が不人気という恐れもありますが・・・)
気分の良いものではありませんよね。

建物がほぼ完成に近い、または完成している。

間取りの変更や、クロス・フローリングなどの選択できる ものが無くなっている可能性が大きいです。 その分、あなたが希望するお部屋にならないというデメリットがあるんですね。

内覧会などで、大規模な手直しを言いづらくなる

マンションの建設進捗を確認する内覧会などでは、様々な指摘を挙げます。 大きなものになると、出来上がったフローリングを剥がして コンクリートの床を削ったりする事もあるんです。 (すごいでしょ!本当なんです。)
そんな要望をしたいと思った時に、値引きをしてもらった引け目があると、 逆に担当営業マンに「値引きしたから、多少の改修は勘弁してくださいよ~。」 なんて、言われてしまうかもしれません。

担当営業マンと人間関係が悪化する可能性がある

新築分譲マンションは、担当営業マンから購入するものです。 担当営業マンと仲良くしておかないと、いい情報がもらえない可能性があります。 この情報があなどれません。 あなたに重要となる情報が、後回しになるかもしれないからです。

マンションの価格が値引きできても幸せになれるとは限らない

様々な理由を挙げましたが、決して値引きできたからといって 幸せに新築分譲マンションに入居できる訳ではないんですね。 他の入居者よりもお得に購入できたと思っていても 実は損をしている事もあり得るのです。
ですので、何が何でも値引きしてもらおうとは考えないでください。 それだけ新築分譲マンションとは、複合的に考えないといけない商品なんです。