幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. JR鉄道の駅一覧
  3. 池袋駅

池袋駅  (JR線/池袋駅地図)

■移動距離km m   ← 

池袋駅の周辺地図をグーグルマップを使用して掲載しています。
この地図を見れば池袋駅の出口や周辺施設、道路の状況などを確認でき、
JR線と共に池袋駅をとても便利に活用できます。

池袋駅の情報

(所在地:東京都豊島区南池袋1丁目28番2号) 島式ホーム4面8線の地上駅である。1983年(昭和58年)までは2面4線で、一番東武寄りのホームが赤羽線(現在の埼京線)専用(折り返し)、他方のホームが山手線用だった。この年に赤羽線ホームが山手線ホームの東側に新設して移動したので、山手線ホームは4線化された。 そして1988年(昭和63年)3月13日の東北本線(→宇都宮線)・高崎線中距離列車の池袋乗り入れに伴い、埼京線(←赤羽線)ホームよりさらに東側に中距離列車用のホームが新設されて、現在の4面8線の構造になった。 元々は貨物列車が通過していたが、中距離列車も新宿駅まで乗り入れるようになると、3番線から発車する埼京線上り列車と新宿方面から当駅に到着する中距離列車・貨物列車が駅の南側で平面交差するため、1本の列車の遅れが他の列車に大きく影響するなど、運行に支障が出るようになって来た。後に湘南新宿ラインへ発展すると共に本数がさらに増え、この平面交差のために同線のダイヤに大きな制約を与えるようになっていた。これを解消するため、2002年(平成14年)から埼京線上りの線路と湘南新宿ライン(山手貨物線)の線路を駅の北側で立体交差する工事が行われ、2004年(平成16年)6月に現行の利用形態(方向別)になった。 この立体交差化によって湘南新宿ラインの大幅な増発が可能となり、また当駅から赤羽・大宮あるいは新宿・渋谷・恵比寿・大崎に向かう利用者にとっても、埼京線か湘南新宿ラインの先発列車に同じホームから乗車できるようになり、埼京線列車が当駅で赤羽・大宮方面に折り返せない難点が生じたものの、利用客の利便性は格段に向上した。 池袋駅では国鉄時代から宇都宮線(東北本線)・日光線、高崎線・上越線方面行の優等・普通列車があったため、慣習的に湘南新宿ライン宇都宮線・高崎線直通から「湘南新宿ライン」を省略して案内することもある。 山手線の車内LCDによる案内では東海道線・横須賀線直通列車を「東海道線・横須賀線直通列車(湘南新宿ライン)」、宇都宮線・高崎線直通列車を「宇都宮線・高崎線直通列車(湘南新宿ライン)」として案内している。 2006年(平成18年)9月頃からの一時期に3番線では、誤乗車防止の観点もあり発車メロディが鳴った後の自動アナウンスが「3番線の、宇都宮線(高崎線)ドアが閉まります。」と流れていたが、その後「3番線の、湘南新宿ライン、ドアが閉まります。」に戻っている。 なお、同年3月18日から運転されている東武日光線直通特急「(スペーシア)日光・きぬがわ」は湘南新宿ラインのホームから発着する。 改札口は北口・中央北口・中央南口・南口・メトロポリタン口の5か所である。以前はホームの下に改札口があったいわゆる地下駅のみだったが、1992年(平成4年)6月の東武百貨店増築時に跨線橋が目白寄りに完成した。 なお、この跨線橋に併設されたメトロポリタン口改札はその名のとおりメトロポリタンプラザ、東武百貨店プラザ館に隣接する当駅西口(東武東上線側)に繋がる改札口であり、当駅東口(西武池袋線側)にはアクセスできない。 ホームと改札階を結ぶエスカレータとエレベーターは中央南口~南口の改札内にあり、北口改札およびメトロポリタン口改札方面の階段および周辺には設置されていない。 大宮駅・赤羽駅・新宿駅に見られる大宮駅・新宿駅発着列車を表記した発車標は、当駅には設置されていない。

池袋駅周辺のマンション・住まいを探そう!

都心・23区で住まいを探せます。

全国からマンション・住まいを検索 マンション