幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. モデルルーム見学のポイント
  3. 五感をフル活用

動かす、触る、視点を変える、感じるなど五感をフル活用

モデルルームを見学するときは、持っている感覚器官をフル活用します。


モデルルーム

モデルルーム ]

視覚だけに頼らずに、自分自身のありとあらゆる感覚器官にも このモデルルームは自分に合っているかを聞いてみるような感覚で 見学するようにしています。

動かす

モデルルーム内にあるドアやサッシは、自分の手で開け閉めしてみます。 その他にもキッチンの戸棚や蛇口、クローゼットの扉、ユニットバスの扉、 照明や換気扇のスイッチ、洗濯物干しフックなど。 自分の予想外の動きをするものや、意外と動かすには力がいるものがあったりします。

触る

材質の質感はとても重要なものの一つですよね。 畳を手でなでてみたり、壁紙にも触れてみます。 フローリングを強く踏みしめると弾力があるのかないのかが分かります。

視点を変える

モデルルームでは、フローリングに座ったり、椅子に座ってみたりして 自分の視点を変えてみます。 自分の目線では、何も感じられなくても、子供の目線から部屋を見渡すと 危険な箇所などが発見できる事もありますよ。

感じる

モデルルームでゆっくりと落ち着いて周りを見渡してみます。 居心地が良いか、それとも悪いか。 空間とは不思議なもので、広すぎても狭すぎでも自分自身に合わないというような 感覚があるものです。