幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. モデルルーム見学のポイント
  3. 高さを自分の体で測る

モデルルームのあらゆる「高さ」を自分の体で測る

住戸を立体的に捉えることは非常に重要だと感じています。 平面と高さがあって、はじめて成り立つ住戸。 そんな「高さ」についてどのような視点でモデルルームを見学すればよいのでしょうか。

キッチンの高さ

身長の高い人と低い人では、体に合うキッチンの高さが異なります。 完成していないマンションだからこそ、自分の体に合う 高さに調整してもらいたいものです。

手すりの高さ

玄関や廊下、ユニットバスには手すりがある場合があります。


ユニットバスの手すり

ユニットバスの手すり ]

自分の体に合わない高さにある手すりは、 生活の邪魔になる可能性があるので、調整してもらったり 不要である場合は取り除いてもらうのが良いと思います。

天井高

例えリビングが狭くても天井高があると広く感じられます。 天井高は住まい選びの重要なポイントの一つです。 リビングだけでなく居室の天井高も手を伸ばしたり ジャンプするなどして、体で測っています。 (通常は、パンフレットやモデルルーム内の案内板に高さが記載してあります。)

浴槽の高さ

浴槽に入るときに、スムーズに入れるかを確認します。 足を引っ掛けないと入れないとか、手すりがないと転びそうであるとかが、 実際に浴槽に入る事で分かります。 浴槽の高さの調整は非常に困難ですので、マンション選びのポイントになります。

収納扉の高さ

自分の手の届かない高さに収納扉がある場合、 日常生活では非常に使いにくい収納になります。

玄関の上框(あがりかまち)の高さ

上框(あがりかまち)とは玄関と廊下との段差にある化粧材の事です。


上框(あがりかまち)

玄関の上框(あがりかまち) ]

中途半端な高さの上框は転倒してしまう恐れがあります。