幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 内覧会でのチェックポイント
  3. フローリングを強く踏みしめる

フローリング(特に隅)を強く踏みしめる

床一面に広がっているフローリング。 一見すると水平のように見えますが、全くの水平ではありません。 人間が作るものなので、もちろん本当の意味での 水平には、なるはずもありませんが。
しかし、許容範囲というものがあります。 ビー玉が勢いよくゴロゴロと転がるようでは最悪です。

フローリングの下にある床スラブを疑いましょう

また、フローリングではなく、そのフローリングの下にある 床スラブ(床のコンクリート面)がうまく 養生(ようじょう)されていない可能性もあります。 (二重床のようにフローリングを床スラブに直張りせずに、 間に緩衝材を入れる仕上げる場合は別ですが・・・)
床スラブがデコボコだと、その上に置くフローリングも デコボコになります。


フローリングの写真

フローリングの写真 ]

ですので、フローリングは強く踏みしめるような感じでチェックします。 "ガタつき"や"浮き"があるかもしれません。
特に部屋の隅を入念に踏んでみます。 部屋の中央と踏んだ感触が異なる場合は、営業担当に相談します。