幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 内覧会でのチェックポイント
  3. 日の出ている時間帯

内覧会へは日の出ている時間帯に行く

内覧会へ出かけるのは、太陽が出ている日中にします。 なぜなら入居前なので、住戸内にある照明が限られているからです。 (ダウンライトやフットライトぐらい) また、電気がまだ通じていない場合もあります。
明るい室内でチェックするのと、暗い室内でチェックするのでは 発見できる指摘事項に大きな差が出てきます。 特に、影になっている部分が判別でいません。
また明るいリビングなら、まだいいのですが、 日の当たりにくい部屋や、北側に窓のある部屋などは 照明を付けないと何も見えないケースもあります。


夕日が落ちる時間帯の写真

夕日が落ちる時間帯の写真 ]

したがって内覧会には懐中電灯や携帯型の蛍光灯などを用意する 売主も多いことでしょう。 しかしながら、それだけでは人の視覚は十分に働きません。
内覧会が終わった後で、あれも指摘しておけばよかった などと後悔をしたくないものです。

数回に渡る内覧会の場合、出かける時間帯を変えてみる

また、内覧会は一度だけではないケースが殆どです。 何度も開催される場合には、時間帯を変えてチェックにでかけます。 日光の当たり方によって、午前中には分からなかった瑕疵も 午後には気づくことができるかもしれません。