幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 神奈川のマンション

神奈川の新築マンションや分譲マンション

神奈川の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
神奈川にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や神奈川の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

神奈川のマンション・モデルルーム情報

神奈川のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

神奈川の地域情報

神奈川県(かながわけん)は、関東地方の南西端、東京都の南に位置する県。都道府県別人口は東京都に次いで全国第2位、面積は全国43位 (2,415.84km2) の規模。県庁所在地は横浜市。 神奈川県東部の横浜市、川崎市は、都市化・工業化が進んでおり、東京湾に面した京浜工業地帯の一角を形成する。神奈川県西部は緑豊かな丹沢山地から箱根山、小田原市が続き、県中央部は相模川が相模原市、厚木市などの平野部を流れて平塚市から相模湾に注ぐ。神奈川県南東部は、平野部の藤沢市に並ぶ鎌倉市から三浦丘陵が始まり、戦前からの軍港都市・横須賀市がある三浦半島に続く。 神奈川県域は、古くは相模国の中心である相模湾沿岸部と相模川流域部が栄えた。川崎市と横浜市の大部分を占める武蔵国の領域は、古東海道(矢倉沢往還)沿いと東京湾沿岸を中心に小規模な農漁村が形成された。古代には平塚市付近に国府が置かれたと推定され、大磯町には高句麗(朝鮮半島北部から満州に至る古代国家)からの渡来人居住地が置かれた。平安時代から武士団の活動が活発化し、鎌倉時代には鎌倉に幕府が置かれた。戦国時代には北条氏(後北条氏)の拠点である小田原が隆盛を誇った。江戸時代には幕府の置かれた江戸への交通路として東海道が整備され、東京湾沿岸部の開発が進んだ。県域には幕府直轄の代官支配地と旗本・御家人の所領が多く配され、大名領は規模の小さい3藩(小田原の小田原藩、厚木の荻野山中藩、横浜・金沢の六浦藩)のみである。幕末には横浜港が開港され、明治時代に入ると東京湾沿岸部を中心として発展した。戦前・戦後を通じて、東京一極集中に伴うベッドタウン化などにより人口も増加したため、神奈川県内には過疎市町村がない(同様の例は他に大阪府のみ)。
神奈川県は関東平野の南西端に位置し、東西約78km、南北約60km となっている。県域はかつての相模国全域と武蔵国久良岐郡・橘樹郡・都筑郡(現在の川崎市および横浜市の一部)からなる。 西は丹沢山地で山梨県、箱根山地で静岡県と接する。東は東京湾に面し、東京湾アクアラインを介して千葉県と連絡する。南は相模湾に面し、三浦半島が太平洋に突出する。北東部の川崎市では多摩川下流が東京都との境界となっているが、中流部では東京都に属する稲城市、多摩市、町田市が多摩川以南に張り出し、町田市はその南西部で境川を都県境として本県の大和市、相模原市と接している。 土地の利用区分面積(2003年)は、森林・原野が39.2% を占め、以下、宅地の26.5%、農用地の8.8%、道路の7.9%、水面の3.8% と続く。 神奈川県内の最高峰は蛭ヶ岳 (1,673m) で、檜洞丸 (1,601m)、大室山 (1,588m) が続く。川の長さは相模川 (55.6km) が最も長く、境川 (52.1km)、中津川 (32.8km) が続く。湖の面積は芦ノ湖 (7.1km2) が最も広く、宮ヶ瀬湖 (4.6km2)、相模湖 (3.3km2) と続く。
神奈川県の気候
太平洋側に位置するため、温暖であり、また雨量が多い。気象庁の予報警報規程では東部(代表地:横浜)と西部(代表地:小田原)に分けられ、天気予報が発表される。「東部」はさらに横浜・川崎、湘南、三浦半島の3地区、「西部」は相模原、県央、足柄上、西湘の4地区に区分され、この単位で気象警報・注意報が発令される。ただしこの区分による「東部」と「西部」の境界は相模川ではなく、相模川の東側に位置する相模原市(旧市域)が「西部、相模原」に、西側の平塚市・大磯町・二宮町が「東部、湘南」に属する。

神奈川の住宅地図を見る

神奈川の住宅・不動産を購入する前に、神奈川の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
神奈川にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから神奈川で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
神奈川の住宅地図