幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 大阪のマンション

大阪の新築マンションや分譲マンション

大阪の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
大阪にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や大阪の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

大阪のマンション・モデルルーム情報

大阪のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

大阪の地域情報

大阪府(おおさかふ、英称 Osaka Prefectural Government)は、近畿地方(関西地方)に属する日本の都道府県の一つ。西日本の政治・経済・文化・交通の中心である。 古代は「難波(なにわ)」、中世には小坂、「大坂」と変遷し、明治に至って「大阪」と改められる。「坂」は台地の坂に付けられた名前に由来すると言われている。
大阪府は近畿地方の中部に位置し、京都府・奈良県・兵庫県・和歌山県と接する。古くから上方へ通じる水上交通の要地である。南西部は大阪湾。 大阪は、かつて全国で最も狭い都道府県であったが、1994年に関西国際空港が出来た事により、香川県を抜いて46位となった。
歴史としては、明治維新後、首都機能が京都から東京へと移った事および、蔵屋敷が不要になったことなどもあって一時的に衰えを見せた。しかし、繊維関係を始めとする軽工業部門を中心に商工業が発展し「東洋一の商工地」と称され、現在大企業として存続する企業が勃興しメセナが活発に行われた「阪神間モダニズム」と呼ばれた時代、明治末期から昭和初期にかけては日本一の活況を有し、文化・芸術・教育・産業などの分野で日本の中心となる。 しかし昭和10年代以降、日中~太平洋戦争中における戦時統制、また戦後の経済復興のために政府は文化・芸術・教育・産業その他あらゆる分野の中枢を東京に集める政策を採り、現在では相対的地位が低下している。 戦後、高度経済成長期に入ると、阪神工業地帯内でも軽工業の比率が高かった大阪府下の経済は閉塞的な様相を見せるようになった。当時の花形産業だった重工業も、大阪砲兵工廠がなくなったことにより大打撃を受け(その補完機能としての中小企業は多かったし、それをルーツとする企業もまだ現在も残ってはいるが。)、大阪府の遠浅の海岸線では誘致および大型化が難しかったこと(その証拠に、阪神間など大型船の入りやすい箇所に多数、重工業は存在している)、また、公害対策で、その他の土地に移転させたこと、造船業に至っては、戦後から長らく続く造船不況などが原因と言われている。こうした中、1970年に大阪市の北隣、吹田市の千里丘陵で日本万国博覧会が開催された。これは東京オリンピックと併せて戦後日本の復興を象徴する出来事とされている。尚この時の会場は、現在万博記念公園として整備されている。 1995年の阪神・淡路大震災では、震源から距離があった為直接的な被害は少なかったがそれでも震度4を記録した他、ライフラインの途絶や交通機関の麻痺等少なからず影響を受けた。 2006年5月1日、神奈川県が大阪府の人口を上回り、現在の人口は第3位である。ただし、昼間人口では東京都に次いで2番目である。

大阪の住宅地図を見る

大阪の住宅・不動産を購入する前に、大阪の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
大阪にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから大阪で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
大阪の住宅地図