幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 佐賀のマンション

佐賀の新築マンションや分譲マンション

佐賀の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
佐賀にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や佐賀の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

佐賀のマンション・モデルルーム情報

佐賀のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

佐賀の地域情報

佐賀県(さがけん)は、日本の都道府県のひとつで、九州地方の北西部に位置する県。日本海と有明海の二つの海に接する。県西部には陶磁器の産地として古くから有名な唐津・伊万里・有田などがある。 古代には「肥前」、中世には「佐嘉」とされたが、明治維新の時に「佐賀」と改められた。この「佐嘉」の名は、日本武尊が今の佐賀を訪れた時、楠が大きく茂っている様子を見て「この国は『栄の国』と呼ぶがよかろう」と述べた、という肥前国風土記の記述に由来するといわれている。
地理は日本の西部(西日本)または南部(南日本)、九州地方の北部(北部九州)または西部(西九州)に位置している。佐賀県本土は、九州に含まれ、北東部は脊振山地が福岡県との県境ををなし、南東部は福岡県側まで続く筑紫平野(佐賀平野)、東松浦半島から多良岳山系にかけての県西部は温帯林と田畑が交互に連なる緩やかな山地となっている。 北東部の脊振山地は杉が大半を占める人工林で林業が盛んなほか、標高が高いことから降水量の多さや冷涼な気候を生かした高原野菜の栽培も盛んである。現在の唐津市南部や多久市周辺の丘陵地帯では石炭採掘がかつて盛んであったが、今では跡が残るだけである。南東部の佐賀平野は稲作を中心とした穀倉地帯で、各種農産物が生産される。
佐賀県の歴史は古代には、今の長崎県本土とともに「肥前」とされ、中世には「佐嘉」とされたが、明治維新の時に「佐賀」に改められた。 「佐嘉」は、風土記の一つである「肥前国風土記」に記された、“昔者(むかし)、樟の樹一株此の村に生ひたりき。幹枝秀高く、莖葉繁茂り、朝日の影には、杵嶋の郡の蒲川山を蔽ひ、暮日の影には、養父の郡の草横山を蔽へりき。日本武尊、巡幸しし時、樟の茂り榮えたるを御覽はして、勅りたまひしく、此の國は榮(さか)の國と謂ふべし、とのりたまひき。因りて榮(さか)の郡といひき。後改めて佐嘉の郡と號く”(日本武尊が御巡幸の時、楠樹の栄え繁る有様を見られ、この国は『栄の国』と呼ぶがよかろう、と申され、その後『栄の都』といい、改めて佐嘉郡と呼ぶようになった。)との文が由来である。 古代から稲作文化が栄え、稲作の痕跡が見られる菜畑遺跡、弥生時代最大級の環濠集落である吉野ヶ里遺跡などの遺跡がある。『魏志倭人伝』にみえる「末廬国(まつらのくに)」が現在の唐津地方にあったとされている。また、前方後円墳が数多く残り、統治者の影がうかがえる。また弥生時代に最も栄えた九州北部地方に見られる甕棺墓がある。

佐賀の住宅地図を見る

佐賀の住宅・不動産を購入する前に、佐賀の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
佐賀にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから佐賀で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
佐賀の住宅地図