幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 目黒区のマンション

目黒区の新築マンションや分譲マンション

目黒区の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
目黒区にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や目黒区の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

目黒区のマンション・モデルルーム情報

目黒区のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

目黒区の地域情報

目黒区(めぐろく)は東京都の特別区のひとつ。23区の南西部に位置する。住宅地として発展。
地域行政・行政サービス:目黒区では、行政の単位として地区・住区という地域単位を設定している。
住区・住区住民会議:目黒区では、住民の利便性を図り、地域ごとの特色ある街づくりを支援するため、独自の行政上の単位として、小学校の通学区域を基本とした22の住区を設定している。住区は、住人の生活に最も密着した地域社会が形成されるような地域単位であると想定され、区の地域政策の基本単位である。 各住区には住区センターが設置され、住民の交流活動や学校外教育活動の場として利用されてきた。また、各住区では、個人、町会、自冶会、PTA、商店会、社会教育関係団体等により住区住民会議という組織がつくられ、住区の問題に対して対応するようになっている。 もともと、各住区センターには住区サービス事務所が設けられ、区が行う行政サービスの一部が受けられるようになっていた。しかし、後により広い範囲を基本とした地区サービス事務所が開設されると、行政サービスは地区サービス事務所に移り、現在、住区センターは住区住民会議や住民の集会を行う場として使われている。住区センターには、児童館や老人憩いの場などが併設されている例もある。
地区サービス事務所:行政の効率化を図り、従来、住区サービス事務所で提供されてきた行政サービスの範囲を拡大するために、4つの地区サービス事務所が設置されている。地区はその中で生活が充足できるような地域単位として想定され、住区よりも広い範囲を対象とするような地域政策の単位である。地区サービス事務所では住民票の届出や証明をはじめ、各種の基本的な行政サービスを受けることができる。
行政サービス窓口:地区サービス事務所の窓口業務を補完する存在として、特に人の集まる場所などに設置されている。利用できる行政サービスは、特に利用頻度の高い窓口サービスに限られる。

目黒区の住宅地図を見る

目黒区の住宅・不動産を購入する前に、住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
目黒区にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから目黒区で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
目黒区の住宅地図