幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 世田谷区のマンション

世田谷区の新築マンションや分譲マンション

世田谷区の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
世田谷区にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や世田谷区の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

世田谷区のマンション・モデルルーム情報

世田谷区のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

世田谷区の地域情報

世田谷区(せたがやく)は、東京都の特別区のひとつ。特別区(23区)の南西部に位置する。
東京都の内、特別区(23区)の南西部に位置し、住宅地として知られる。神奈川県と接する南側には多摩川が流れる。都心から放射状に鉄道が通り、それらを連絡するようにバス路線が走る。一方で、区北部は道路網が狭隘で非常に入り組み交通網の発達は十分とはいえない地域もある。 地形的には大部分が武蔵野台地の内、南部(多摩川の段丘上)に位置し、地形の起伏が多い。南部は多摩川に沿い、区内他地域と比べて全体的に土地が低い。多摩川の段丘の斜面の連なりを国分寺崖線と言い、区ではその一帯を「みどりの生命線」と呼ぶ。 世田谷区は、世田谷、北沢、玉川地域、砧、烏山の5つの地域に分けられている。各地域に行政機構の一部として総合支所が置かれる。 人口は都内有数の規模を誇り、多くを住宅地が占める。 二子玉川、三軒茶屋、下北沢などの商業地域や、成城、岡本、上野毛、等々力などの国分寺崖線沿いの住宅街等が有名で、等々力渓谷をはじめ自然が多く、林や公園などが多く存在する。 河川: 多摩川、野川、仙川、谷沢川、目黒川、北沢川、烏山川、蛇崩川、呑川、九品仏川(丑川)、丸子川(旧六郷用水〔旧次太夫堀〕)
世田谷区内は行政上5つの地域に分けられ、各地域には総合支所が設置されている。総合支所は、特別地方公共団体である「区」の行政機能の一部を分担し、「地域の区役所」的な機能を果たす。
概況:隣接する渋谷区から神奈川県にかけての国道246号(通称玉川通り)が東西に横断、都道の環七通り(環状7号線)が南北に縦断。これら主要道路の内側を網の目のようにバス路線が設定されている。段差の少ないノンステップバスを多く導入する等、公共交通の確保と高齢化対策を図っている。赤堤通りなど狭隘な道路にもバスが走っており、交通渋滞の原因にもなっている。
住宅地: 区内には、鉄道会社による早期の沿線開発により一区画100m内外を一軒とした大規模な住宅街区が点在する。漫才コンビの星セント・ルイスによる『田園調布に家が建つ』のフレーズで全国的に知名度をあげた田園調布(但し世田谷区内の町名は玉川田園調布)や、著名人や芸能人が住むことで有名になった成城、佐藤栄作が住んでいた清風園のある代沢、広壮な敷地を持つ邸宅の並ぶ閑静な深沢等の高級住宅街がある。国分寺崖線にはとくに緑が多く、玉川地域の尾山台付近から砧地域の岡本付近まで、広壮な邸宅や高級住宅・マンションが立ち並んでいる。開発から数十年を経たことで街路樹も巨木化し桜並木のトンネルが見られる地域がある(深沢地区等)。
商業地: 国道246号線(通称玉川通り)・世田谷通り・茶沢通りが合流する三軒茶屋駅周辺、小田急線・井の頭線の乗換駅の下北沢駅周辺、京王線の千歳烏山駅周辺、大井町線と東急東横線の乗換駅の自由が丘駅周辺、大井町線と田園都市線の乗換駅の二子玉川駅周辺がそれぞれ区内の商業地として求心力を持つ。

世田谷区の住宅地図を見る

世田谷区の住宅・不動産を購入する前に、住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
世田谷区にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから世田谷区で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
世田谷区の住宅地図