幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 練馬区のマンション

練馬区の新築マンションや分譲マンション

練馬区の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
練馬区にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や練馬区の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

練馬区のマンション・モデルルーム情報

練馬区のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

練馬区の地域情報

練馬区(ねりまく)は、東京都の特別区のひとつ。 東京23区の中ではもっとも新しく、1932年に東京市に編入されて板橋区の一部とされた旧北豊島郡練馬町・上練馬村・中新井村・石神井村・大泉村の区域が1947年8月1日に分離して発足した。           練馬区は、日本の劇場長編アニメ、モノクロテレビアニメ・(長期間の)カラーテレビアニメシリーズの発祥地であり、日本一のアニメ関連企業の集積地である。 遊園地「としまえん」は本区にある。 人口は約70万人で、23区の中で世田谷区に次いで2番目に多い。
地理
23区の北西に位置する。区内全域が武蔵野台地に属する。埼玉県南部と共に未だにのどか風景を残している。河川は石神井川と白子川が中心で土地の高低差は小さい。 北西には埼玉県新座市に囲まれた飛地(西大泉町1179番地)がある。(区としてはこの飛地を埼玉県へ編入する方向で調整しているが、住民は反対している。) 旧東京市内では新宿区戸山の箱根山が最高標高地点であるが、現在の特別区内では石神井消防署付近が最高地点である。
「練馬」の由来
練馬区のウェブサイトには以下の説が掲載されている。 関東ローム層の赤土をねったところを「ねり場」といった。 石神井川流域の低地の奥まったところに「沼」=「根沼」が多かった。 奈良時代、武蔵国にあった「のりぬま(乗潴)」という宿駅が「ねりま」に訛化した。(但し、あまぬまと読み、現在の杉並区天沼に比定する説もある。) 中世、豊島氏の家臣に馬術の名人がいた(馬を馴らすことを「ねる」と言った。すなわち「練り馬」)。 他にも諸説存在する。
1947年 - 板橋区から分区し、23番目の区として誕生する。
1951年 - 自衛隊駐屯地ができる。
1973年 - アメリカ軍からグラントハイツ(光が丘)が返還される。
1983年 - 非核都市練馬区宣言
1998年 - 交通安全都市練馬区宣言
2001年 - 健康都市練馬区宣言
2006年 - 環境都市練馬区宣言
日本アニメ発祥の地
練馬区は、日本初の長編劇場アニメ白蛇伝が製作された日本アニメ発祥地であり、1963年に日本初のテレビアニメシリーズ鉄腕アトム(モノクロ)、1965年に日本初の(長期間の)フルカラーテレビアニメシリーズジャングル大帝が生まれた、テレビアニメの発祥地でもある。 他にも、リボンの騎士、宇宙戦艦ヤマト、銀河鉄道999、キャプテンハーロック、ドラえもん、サイボーグ009、うる星やつら、らんま1/2、課長島耕作、めぞん一刻、キャンディ・キャンディ、バビル二世、あしたのジョー、タッチ、みゆき、キテレツ大百科、ルパン3世、日本昔話、まいっちんぐマチコ先生、金田一少年の事件簿、ドラゴンボールZ、ふたりはプリキュア等など、無数の作品が制作されたり、またその舞台になった。 風の谷のナウシカ(東映系映画館で全国ロードショー、徳間書店・博報堂など製作、スタジオジブリ製・制作ではないので注意)やスタジオジブリ作品、エヴァンゲリオン、ポケットモンスター等に下請け等の形で関わったアニメプロダクションも多い。 また練馬区は、手塚治虫、赤塚不二夫、松本零次、古谷三敏、ちばてつや、藤子不二夫、萩尾望都、竹宮恵子、(大泉サロンも参照)、弘兼憲史、紫門ふみなど、多くの有名・無名の漫画家も永住、または一時的に居住した事があり、漫画作品も数多く作られている。 練馬区大泉には、女性漫画家版トキワ荘ともいうべく、大泉サロンが存在し、萩尾望都や竹宮恵子ら多くの著名女性漫画家が巣立っていった。
練馬区の公園
光が丘公園 石神井公園 - 石神井池、三宝寺池があり、ボート遊び、魚つりなどができる。 また、Mr.Childrenの桜井和寿はここをジョギングしている時にダブルミリオンを記録した曲『Tomorrow never knows』の中の、「勝利も敗北もない孤独なレース」という歌詞を思いついた、というエピソードがある。漫画課長島耕作で、島が同公園でボートを漕ぐシーンが出て来る。公園の周辺一帯は高級住宅街となっている。 大泉中央公園 武蔵関公園 - 池がある。 城北中央公園 - (サイクリング場があり、板橋区にもまたがる)
災害対策
練馬区は住宅都市としての性格から、木造住宅の密集地帯が多く、道路も細く曲がったものが多い。そのため地震が起きたときに火災が広がりやすく、災害弱者の人などが逃げ遅れる危険性が高くなっている。関東大震災級の大地震が起きた場合、区内の6割の面積が焼失し、被災者は34万人にもなるというデータも発表されている。そのため、練馬区では一時集合場所や避難道路、避難場所を指定し、集団で避難するため住民組織の結成を急いでいる。

練馬区の住宅地図を見る

練馬区の住宅・不動産を購入する前に、住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
練馬区にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから練馬区で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
練馬区の住宅地図