幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 神戸市のマンション

神戸市の新築マンションや分譲マンション

神戸市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
神戸にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や神戸の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

神戸市のマンション・モデルルーム情報

神戸のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

神戸市の地域情報

神戸市(こうべし)は、兵庫県南部に位置する兵庫県の県庁所在地・政令指定都市。現在東京特別区を含め全国第6番目の人口。神戸都市圏を形成する。
海と山の迫る東西に細長い市街地を持ち、十分な水深の有る扇状の入り江部に発展した理想的な港湾を有する日本を代表する港町である。市域中央に横たわる六甲山地の山上高原一帯は日本における別荘・リゾートの発祥地として有名であり、六甲北麓に有る有馬温泉は日本三古湯の一つとして古来より名高い。 「神戸」(こうべ・歴史的仮名遣いでは「かうべ」と表記)という地名は、現在の三宮・元町周辺が生田神社の神封戸の集落(神戸「かんべ」)だったことに由来する。 長らく貿易・海運・鉄鋼・造船・機械製造・ゴム・真珠加工等の産業を中心に発展してきたが、観光産業・ファッション産業・医療産業も近年は盛んである。1995年の阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)で壊滅的な被害を受けた。2006年2月16日に国内3番目の市営空港として神戸空港が開港。
沿革:遣隋使の時代には既に港は開かれていたが、平清盛により経が島の近くに都の福原京が置かれた前後に貿易の拠点として整備され「大輪田泊(おおわだのとまり)」と呼ばれたことがその発展の始まりとされる。 1868年の兵庫開港の際、実際には隣接する神戸村が開港場となって外国人居留地や港湾が造られ、1879年に勅令により「神戸港」と称された。その後日清戦争を経て1990年代初期までの間、長らく香港・上海を凌ぐ東洋最大の港として発展した。港湾の発達は、同時に造船・鉄鋼・機械を中心とした工業の発達も促し、阪神工業地帯の中核を担う日本有数の重工業都市に成長した。 第二次世界大戦中の1945年3月17日、309機の米軍機B-29による最大の空襲(神戸大空襲)を受け当時の神戸市街の西半分が焼失、死者2598人・負傷者8558人・焼失家屋6万5千戸・罹災人口23万6千人を数える惨禍となった。大戦中に神戸が受けた空襲は大小合わせ128回を数え、終戦までに死者8841人・負傷18404人、焼失家屋12万8千戸に及んだ。 戦後、「山、海へ行く」を合言葉に、市西部から北部にかけての山を掘削して住宅地・産業団地の開発を進め、その際に発生した土砂を神戸港沖合いの埋め立てに用い、人工島のポートアイランドや六甲アイランドを造成、住宅・港湾施設をはじめとする都市インフラの拡充を積極的に進めた。1981年のポートアイランド第一期竣工時には、地方博ブームの先駆けとなる「神戸ポートアイランド博覧会(ポートピア'81)」を開催し成功させるなど、これらに代表される都市経営手法は「株式会社神戸市」とも称されて、全国の市町村から自治体経営の手本とされた。 1995年1月17日午前5時46分に発生した阪神・淡路大震災により甚大な被害を被る。この地震での被害による港湾機能の麻痺や、震災以前からの香港・高雄・釜山・上海他に代表されるアジアの諸港の追い上げによって、国際貿易港としての相対的地位はかつてに比べると低下したものの、依然として日本を代表する港湾都市の一つとして発展を続けている。 また人口においても震災直後に7%あまり減少したものの、新長田駅前・JR六甲道駅前での震災復興再開発事業やポートアイランド2期事業、神戸医療産業都市構想などの事業によって呼び戻され、2004年11月には震災前を超えるまでに回復した。2005年10月1日に実施された国勢調査の速報値では152万5389人となっており、過去最大を更新している。中でも都心回帰現象が働いている中央区や、大阪市へのベッドタウン化が進む東灘区や灘区での高い増加率が目立つ。

神戸の住宅地図を見る

神戸の住宅・不動産を購入する前に、神戸の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
神戸にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから神戸で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
神戸市の住宅地図