幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 京都市のマンション

京都市の新築マンションや分譲マンション

京都市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
京都にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や京都の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

京都市のマンション・モデルルーム情報

京都のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

京都市の地域情報

京都市(きょうとし)は、近畿地方の中部、京都府南部(山城地方)の都市で、同府の府庁所在地である。
現在では、国から政令指定都市の指定を受けており、東京特別区を含めて全国第七位の人口を有する。都市雇用圏の基準では、京都市を中心市として京都府南部・滋賀県南西部に広がる京都都市圏(京滋)が形成されている。また、1.5%都市圏の基準では、「京阪神大都市圏」の一角を担う。 平安時代に首都である平安京が置かれた都市で、平安時代や室町時代は名実共に首都として、政権の中枢が置かれた。鎌倉幕府や江戸幕府、安土桃山時代の政権も、ここを都(首都)として厳重に警備した。また、明治天皇が東京に行幸するまでの1100年間、ほぼ全ての天皇が居住していた都市である(→首都に関する議論は日本の首都参照)。 日本で有数の観光都市・国際観光文化都市であり、国内外から旅行客が多い。 平安時代以降、平安京の都市生活者向けの商工業が発達し、特に国内流通が活発化した江戸時代には、全国に製品を出荷する工業都市となる一方、数々の技術者を各地の藩の要請に従って派遣した。その伝統は現在も伝統工芸として残るのみならず、京セラや島津製作所など先端技術を持つ企業を初め、任天堂やワコールなど業界トップクラスの本社が集まるなど、現代産業を主導し続けている。
京都府の南部に位置し、市内を賀茂川(途中で高野川と合流し、鴨川と名前を変える)、桂川、宇治川などが流れる。京都盆地(山城盆地)の中に位置しているので、内陸性気候を呈しており、夏と冬、昼と夜とで温度差が大きい。 中心市街地は東西・南北に通じる道路によって碁盤の目状に区切られており、市内の通りには名前がつけられている(ただしこれは中心部に限られる)。 中心市街地の住所表示は、正式の町名と併記する形でこの通り名を用いて表す場合が多い。建物が面している通り名を先に言い、近くの交差する通りから、北に行くことを上る(あがる)、南に行くことを下る(さがる)、東に行くことを東入(ひがしいる)、西に行くことを西入(にしいる)と表現する。 例えば、京都市役所の所在地である「京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地」の場合は、「上本能寺前町」が土地登記上の正式の町名、「寺町通」は建物が面している通りの名であり、「寺町通り御池上ル」は「寺町通と御池通の交差点から北に行った位置」を表す。なお、京都市内でも中心市街地以外の地域では通常どおり町名と番地で住所を表示している。 交差点は交差する2つの通りの名前で呼ばれることが多い。例えば、四条通と烏丸通の交差点は「四条烏丸」、河原町通と丸太町通の交差点は「河原町丸太町」である。また、多くの場合、通り名のどちらを先に呼ぶかは決まっている。 一方で、通り名をもつ2つの道路の交差点であっても、例えば、四条通と東大路通の交差点は「祇園」、西大路通と丸太町通の交差点は「円町」であるなど、通り名の合成で表さない場合がある。比較的最近に作られた通りに多い。また、1本の通りの一部分だけを違う名前で呼んだりする場合もある。 ちなみに、「通り」の「り」を送り仮名としてつけないのが正式な通りの名前である。 市街地は中部・南部の中京区周辺で、四条河原町は特に繁華街として知られる。
歴史:当初、京都市中心部は葛野郡(かどのぐん)に含まれていたが、1889年の市制施行により、京都市として分離独立する。 京都は、幕末の混乱で街の多くが焼けたのに加え、明治維新後に皇室・公家などが東京へ移り住んだため、一時急速な衰退を見せた。そのため、京都府知事(当初は、京都市長も兼任)などから産業の振興を呼びかける声が上がった。それに伴い、琵琶湖疏水といった疏水の建設と、疏水を用いた日本初の水力発電、更にその電力を用いた日本初の電車(路面電車)運転などが実施された。これらの先進的な施策は功を奏し、人口は明治時代中期以降しばらく、毎年一万の増加を見せるようになった。

京都の住宅地図を見る

京都の住宅・不動産を購入する前に、京都の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
京都にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから京都で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
京都市の住宅地図