幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 福岡市のマンション

福岡市の新築マンションや分譲マンション

福岡市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
福岡にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や福岡の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

福岡市のマンション・モデルルーム情報

福岡のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

福岡市の地域情報

福岡市(ふくおかし)は、九州の北部、福岡県の北西部に位置する都市。福岡県の県庁所在地であり、政令指定都市となっている。
人口約140万人を抱えており、名実共に九州第一の都市である。商業都市として有名であるが、多くの官公庁の機関や中央企業の支社なども置かれている。東京特別区を含む市人口では全国で8位で、福岡市周辺に福岡都市圏を形成する。 博多区や福岡市全般の事を指して「博多」と呼ぶことも多い。 これは、中世よりこの地域は「博多」という街として認識されていたことや、山陽新幹線の終着駅が「博多」であり、ビジネスでも福岡へ出張することを「博多へ行く」と呼んでいた程、博多という名前が浸透していたからである。歴史的にも、明治22~23年に福岡市にするか博多市にするか、議会で議論されていたくらいである。又、福岡と博多をあわせて「福博」と呼ばれることもある。
地理: 位置:
九州の北部、日本海(博多湾・玄界灘)に面した半月型の福岡平野の大半の部分を市域とする。北は博多湾の北辺に位置する砂州である海の中道・志賀島(陸繋島)、西は糸島半島の付け根部分まで市域となっている。南・南西は脊振山地に含まれる山間部まで市域が伸びており、佐賀県に接している。ほかに有人島嶼として、博多湾上の能古島や市の西部の玄界灘上に浮かぶ玄界島、そのさらに西北部にある小呂島を市域に含んでいる。 福岡市から壱岐・対馬を挟んで向かい側に朝鮮半島がある。日本の主要都市としては朝鮮半島や中国などの東アジア諸国・地域に最も近い都市で、直線距離では東京特別区から約1100km、大阪市から約550km、韓国の釜山広域市から約200km、同国の首都・ソウル特別市から約550km、中国の上海市から約900km、台湾の台北市から約1300kmの位置である。
地形:
市域の多くは福岡平野に含まれており、一部に小高い山なども存在するものの概ね平坦である。市街地の海岸部は大半が埋立地となり、港湾・住宅などが建設されている。市域西部・西南部は脊振山地の一角を成しており、標高が高く起伏の大きい地形となっている。 市内を流れる河川としては、市域中心部を流れる那珂川・御笠川や市域東部を流れる多々良川、市域西部を流れる室見川などがあるが、一級河川はない。
気候:
地形や海流が複雑に影響しあい、温暖で夏期において多雨な太平洋側気候の一面を見せつつ、冬場においては日本海側気候の一面も見せる二面的な気候が特徴である。年平均気温は概ね17℃前後、年間降水量は概ね1500~2000mm程度で推移している。 夏場は最高でも36℃に達することは少なく、九州の他地域と比べると極端な猛暑とはなりにくい。冬場は北側の玄界灘を通る対馬海流(暖流)の影響を受けるので平野部においては最高気温が零下となることは少ないが、北西季節風の影響を受けるため曇天の日が多い日本海側気候の特徴を見せる。 年間日照時間は概ね1800~1900時間程度にとどまっており、九州の他地域に比べてやや短い。
市街地構成
市の中央部にある天神地区(中央区)が市の中心部で、ここには数多くのデパートやビルが建ち並んでいる。天神から那珂川を挟んだ東隣には那珂川の本流と支流に挟まれた中州地形部分があるが、そこが九州最大の歓楽街、中洲である。そのさらに東隣は「博多」の市街地である。その博多市街地の南東のはずれに博多駅が位置している。中洲から博多駅の間の一帯はオフィスビルやビジネスホテルなどが建ち並ぶビジネス街である。天神地区の西隣は大名と呼ばれる地域で、ここは近年、主に若者をターゲットとした店舗が増え、急速に発展している。 天神から西へ行くと福岡城跡がある。天神から約4kmの位置には、福岡市の副都心を成す繁華街の西新(早良区)がある。西新の北側は埋立により開発された土地で、シーサイドももちと呼ばれ、新しい市街地が形成されている。 市域東部の博多湾沖にはアイランドシティ(東区)と呼ばれる埋立地が建設されている。現在は港湾地区の一部が供用されている他、住宅地も一部分譲が開始されている。将来は宅地開発による発展が期待されている。 このほか、香椎駅・西鉄香椎駅周辺の香椎地区(東区)や、福岡市営地下鉄姪浜駅周辺の姪浜地区(西区)、西鉄大橋駅周辺の大橋地区(南区)にも商業地が発達している。
「福岡」と「博多」
都市名は「福岡」であるが、中央駅名は「博多駅」を称する。「福岡駅」を称する駅は、西鉄天神大牟田線の西鉄福岡(天神)駅と、富山県高岡市(旧西礪波郡福岡町)にあるJR西日本北陸本線の福岡駅がある。 福岡は福岡藩黒田氏の武家町、博多は商人町として栄えた歴史があり、元々は別々の都市であった。市制施行の際に一悶着があったが、都市名を福岡、中央駅名を博多にすることで合意(詳しくは歴史で後述)。新幹線開通時は博多が玄関口となり、博多の知名度が大きく上回ったが、今日では天神地区(福岡城下町)の台頭もあり、「博多」より「福岡」という名称で呼ばれることが多くなり、博多は都市内の一地区名でしか用いられないことが多くなった。

福岡の住宅地図を見る

福岡の住宅・不動産を購入する前に、福岡の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
福岡にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから福岡で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
福岡市の住宅地図