幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 川崎市のマンション

川崎市の新築マンションや分譲マンション

川崎市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
川崎にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や川崎の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

川崎市のマンション・モデルルーム情報

川崎のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

川崎市の地域情報

川崎市(かわさきし)は、神奈川県の北東端に位置する政令指定都市である。東京特別区(東京23区)及び政令指定都市15市の中で面積は最も小さいが、人口は全国第9位である。
神奈川県の北東部に位置している。市の北部は東京都との境に多摩川が流れ、東部には東京湾が広がっている。市の北西部は多摩丘陵と呼ばれる丘陵地帯となっている。 市の南部(東部)は平坦で、古くからの工業地や住宅地が多く、特に東京湾岸は大規模な埋め立て工事の後に多くの重化学工業が進出している。一方、中部、北部(西部)には商業地、住宅地が多い。
河川
多摩川水系 : 三沢川、山下川、五反田川、二ヶ領本川、平瀬川、多摩川。 鶴見川水系 : 有馬川、江川、渋川、矢上川、鶴見川。
経済:第一次産業
多摩川沿いの地域は低湿地帯で、洪水などの被害も多かった。 江戸時代初期の二ヶ領用水の整備で、多摩川流域での水田開発が拡大し、農業生産力が向上した。 江戸時代以降、大消費地江戸に近い立地を利用して果樹栽培が営まれ、宿河原の桃や王禅寺の柿が知られた。 中でも梨は、明治20年代に新品種として長十郎が発見され、その栽培は全国に普及していった。しかし、その発見地である臨海部での果樹栽培は大正以降の工業開発によって失われた。 内陸部でも、戦後は都市化の進行により急速に農地が減少した。現在は、市の施策などで伝統的な名産品の復興などに力が注がれている。
第二次産業
京浜工業地帯の中にあり、明治時代の産業革命以降は重工業が発展した。特に昭和前期に臨海部での大規模な埋め立てが行われ、日本鋼管(現JFEスチール)の製鉄所や化学工場などの建設が進んだ。 昭和初期以降、機械・電機工業の進出が始まった。富士通、日本電気、東芝などの大規模工場と、それに関連する中小工場が多数建設され、現在に至っている。 近年では、先端技術の研究所なども多く立地する。かながわサイエンスパークの建設などもこれを促進している。 臨海部の工業地帯では重化学工業不振からの再生が企画される一方、産業遺産としての保護も進められている。 市では羽田空港の神奈川口整備を見越して、臨空型の工業整備を意図している。
第三次産業
川崎駅東口には地下街「アゼリア」や大規模商業施設が立地し、市内商業の中核となっている。 この他、溝の口にも大規模商業施設が建設され、中小規模の商店街やスーパーマーケットなどは市内全域をカバーする。 ただし、強い集客力を持つ東京都区内や横浜市内の商業施設が川崎市内にも商圏を拡大していて、市内全体の売上額は都市人口に見合った規模にはなっていない。 北西部の新興住宅地域を中心に、多くのホワイトカラー労働者が居住する。その多くは東京都区内への通勤を行っている。 この他、特殊な例としては、川崎駅東口にあり、近世からの歴史を持つ歓楽街がある。 最近は芸術関係での産業振興に力を入れており、川崎駅周辺でのチネチッタプロジェクトやミューザ川崎の建設、麻生区新百合ヶ丘への日本映画学校の誘致やしんゆり映画祭の開催などが進められている。

川崎の住宅地図を見る

川崎の住宅・不動産を購入する前に、川崎の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
川崎にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから川崎で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
川崎市の住宅地図