幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 広島市のマンション

広島市の新築マンションや分譲マンション

広島市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
広島にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や広島の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

広島市のマンション・モデルルーム情報

広島のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

広島市の地域情報

広島市(ひろしまし)は、中国地方の中南部、広島県西部(安芸地方)の都市で、同県の県庁所在地である。
世界史上初の核兵器(原子爆弾)被災都市として、また国際平和文化都市として世界的に有名である。 中国・四国地方では第一の都市。江戸時代には広島藩の城下町、明治期から第二次世界大戦終了までは軍事都市であった。現在では広島県の県庁所在地で、政令指定都市となっており、東京特別区を含めて全国第11番目の人口を抱える。 山陽地方のほぼ中南部に位置しており、七大都市圏の一つで、広島市を中心とした広島都市圏の中心を形成する。畿内と北九州のほぼ中間に位置しているため、中国地方や中国・四国地方を統括する政府機関や、全国規模で展開している企業の地方拠点も多く置かれている、又、西日本有数の工業都市でもあり、沿岸部は工業地帯となっている。 地場資本も比較的強い方であり、製造業の本社・本部が多く置かれている。地元で効率よく総めようとする傾向が目立つとも言われるが、広島経済の堅実さの表れである。 近年では、人口が郊外へ流出する中、都心部での再開発が著しく進んでいる。平和大通りでは80mを超える超高層ビルが相次いで建設され、元々政令指定都市の中でも有数の「高層ビル街」であった平和大通りはさらに変貌を遂げることになる。広島駅周辺でも新幹線口の若草町、広島駅南口の再開発が始まった。また、宇品や緑井、段原などでも開発が続行され、商工センターや西風新都と併せて、副都心としての機能をさらに蓄えつつある。これらの中には計画中のまま何年も止まっていたものもあるが、計画が実際に動き出したことで、建設中の広島高速道路などと合わせて、広島市は大きく変わりつつある。
地理:南は瀬戸内海に面し、広島湾となっている。市の中心部を流れる太田川の河口に開けた三角州上に市街地が形成されている。太田川デルタを中心に広島平野が形成されているが、それを取り囲むように市の西部・北部・東部は丘陵地帯となっている。
地域間関係:瀬戸内海を挟んで対岸に位置する松山市とは、呉市と共に相互往来も盛んで、松山市周辺から広島市へ買物に訪れる者もいる。
拠点性:広島市は、中国地方あるいは中国・四国地方を管轄する国の出先機関や企業の支社が集中し、地方内で最も高い拠点性を有することから、七大都市圏の1つに数えられ、支店経済都市の1つとなっている。ただし、中国地方を1つの地方区分とする場合は、広島市がほぼ全ての拠点機能を独占しているのに対し、中国・四国地方を1つの地方区分とする場合は、高速道路網整備の遅れから、一部、岡山市に地方拠点(企業の地方支社や農業・環境系の国の出先機関)を置く場合や、大阪市の拠点から近畿・中国・四国をまとめて管轄する場合もあり、広島市が拠点性を独占するまでには至っていない(中国・四国地方を1つの営業エリアとする企業に限ってみると、広島市を拠点とする割合は、2005年12月末時点で、77.1%に留まっており、地方拠点をほぼ100%に近い値で独占する札幌市、仙台市、福岡市とは異なっている)。 この地方では、瀬戸内工業地域内の各地に主に工業を中心とした有力企業が分散立地し、地域圏ごとの工業出荷額に応じて業務機能や都市機能が分散して、人口集積や第三次産業において抜きん出た都市圏、すなわち、プライメイトシティがつくられなかった。また、京阪神と九州北部の二つの地域に挟まれる形の地勢も影響して、広島市のテレビ局制作のブロックネットが少なく、広島市を中心とした地方としての一体感が醸成されなかった。 そのため、七大都市圏の中心都市の比較では、卸売りおよび小売の年間販売額[1]において6番目となっているが、ほぼ同じ面積の中国地方と南東北(域内人口や圏域GDPが中国地方の3/4以下)で比べると、中国地方の中心都市・広島市の年間販売額は、南東北の中心都市・仙台市をやや上回っている程度、南東北とほぼ同じ域内人口・圏域GDPの北海道の中心都市・札幌市からはやや水をあけられており、広島市は、背景人口・GDPの大きさの割りに地方全体に対する流通・小売の抜きん出た中心とはなっていない。 国土交通省の調査においても、広島を最大志向先とする高速道路流動は、鳥取西部、島根、岡山、山口東部であり、鳥取東部は大阪を、山口西部は福岡をそれぞれ志向し、実際の中国地方の範囲よりも小さくなっている。 このように、地方全域から見た広島市は必ずしもプライメイトシティとなっていない。しかし、「日本の縮図」という語に代表されるように、平均的な人口世代分布を持ち、経済・社会・文化・商業・工業の様々な要素をバランスよく保持した「万能型都市」となっているのが特徴であり、全国発売前の新商品の試験販売が行われる都市としても有名である。

広島の住宅地図を見る

広島の住宅・不動産を購入する前に、広島の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
広島にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから広島で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
広島市の住宅地図