幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 北九州市のマンション

北九州市の新築マンションや分譲マンション

北九州市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
北九州にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や北九州の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

北九州市のマンション・モデルルーム情報

北九州のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

北九州市の地域情報

北九州市(きたきゅうしゅうし)は、関門海峡に面する九州北端の市である。1963年に門司市・小倉市・戸畑市・八幡市・若松市の5市による新設合併により誕生し、三大都市圏以外で最初に政令指定都市に指定された。北九州市を中心とする北九州都市圏は、北九州工業地帯の範囲とほぼ重なる。
位置・地形:
九州の北東端に位置し、関門海峡を挟んで本州の下関市と対峙する。市の北側は日本海(響灘)に面し、東側は瀬戸内海(周防灘)に面する。 市域の南側には山地が多く、山間部一帯は北九州国定公園に指定される。カルスト台地で有名な平尾台や、「100億ドルの夜景」で知られる皿倉山などがある。 川:紫川、遠賀川 山:皿倉山、手向山
気候
北九州市は気候区分の要所であり、関門海峡・玄海灘側は日本海側気候(山陰地方と同じ)、周防灘側は瀬戸内海式気候(山陽地方と同じ)。関門海峡から霧が発生しやすく、日照時間が極端に短いなど、日本海型と瀬戸内海型が折衷している。 冬場は日本海(響灘)からの季節風の影響で、曇りの日が多く、雨や雪の降る日もある。 夏場の梅雨明け後は、30度以上の真夏日になる日が多いが、海に囲まれているため、35度を超えるような極端な猛暑になることは少ない。
歴史:
令制国においては、現在の門司区、小倉北区、小倉南区、八幡東区の東半分は豊前国(企救郡)に属し;戸畑区、八幡東区の西半分、八幡西区、若松区は筑前国(遠賀郡、鞍手郡)に属しており、別の国であった。 1871年8月29日の廃藩置県により、豊前国は小倉県に、筑前国は福岡県となった。しかし、1876年8月21日の府県合併により、小倉県は分割されて大半の地域が福岡県と合併した。それ以降、現在の市域全体は福岡県に属するようになる。 この豊前国と筑前国とも、山口市に拠点を置く西日本最大の大名であった大内氏の時代には、この大内氏により守護されており、文化圏の枠組みでは、九州よりも本州や瀬戸内海岸の文化に影響が強い。また、この界隈の基礎となった八幡製鉄所の建設には、明治の長州閥が深く関わっており、歴史的にも豊前と長州の2地域は密接である。 1889年の市町村制施行により、それぞれが町制を敷き、大正時代に門司市、小倉市、戸畑市、八幡市、若松市が完成した。当時より五市(場合によっては下関市を含めた六市)の合併が提起されていたが、1963年2月10日にこの5市が対等合併、4月1日に政令指定都市となった。五市合併の際、合併後の新市名を住民公募した結果、「北九州市」という名称は2位だった(1位は「西京市」だったが、「西京」の異名を持つ山口市が抗議した為、現在の市名に落ち着いた経緯がある)。ちなみに「北九州」という名称は、この地域を走っていた西鉄の路面電車(2000年11月までに全線廃止)の路線の総称として「北九州市」誕生前から用いられていた。また市内にある北九州市立大学も1950年以来「北九州」を冠していた。 北九州市は、昔から交通の要所でもあり、重化学工業で栄えた都市である。古くから筑豊地方、京築地域、遠賀地方、福岡市周辺はもとより、県外の山口県(下関・宇部)、大分県(中津・宇佐)などの地域との関係は歴史的・文化的に密接である。特に山口県とは歴史的に非常に強い関係があり、文化面・経済面での影響を強く受けている。市内で使われる北九州弁も周辺地域の影響を濃く受けており、市内でも西部と東部で差異が見られる。

北九州の住宅地図を見る

北九州の住宅・不動産を購入する前に、北九州の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
北九州にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから北九州で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
北九州市の住宅地図