幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 仙台市のマンション

仙台市の新築マンションや分譲マンション

仙台市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
仙台にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や仙台の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

仙台市のマンション・モデルルーム情報

仙台のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

仙台市の地域情報

仙台市(せんだいし)は、宮城県のほぼ中央に位置する市で、同県の県庁所在地である。
広瀬川や青葉山などの自然が都心にあり、また緑が多い事から、「杜の都」の名で親しまれている。河岸段丘に形成された都市の典型で、都市計画はニューアーバニズムやコンパクトシティの好例であるが近年では郊外に人口が拡散している。人口は約103万人で、昼間人口は約115万人に達する。 国から政令指定都市に指定されており、行政面や経済面では第三次産業の占める割合が高く、中央省庁や全国規模の企業の支部が集まっている事から「支店経済都市」となっている。 また、東京都区部と青森市のほぼ中間(双方からともに約350km)に位置している。
地名の由来:
地名の語源は諸説があり、国分氏が千代城と名付けたことが由来とも言われる。これは城の位置に千体仏があったためで、千体が転じて千代となった。その後、伊達政宗が「仙臺」と改名した。その他、アイヌ語の「セプナイ(広い川)」が「せんだい」になったのであり、広瀬川が仙台の名の由来という説もある。また仙台城のある川内地区を音読みで「せんだい」としたことが由来との説もある。
地形:
仙台市は、東の境界を太平洋(仙台湾)、北の境界を松島丘陵、西の境界を奥羽山脈、南の境界を名取川流域として、宮城県をほぼ帯状に横断する形状となっている。海岸から長町-利府線断層帯までが地質的には新しい沖積平野、その西が沖積平野より少し古い堆積岩類の台地であり、奥羽山脈の稜線近くは新生代に噴出した火山岩で出来ている。船形山、大東岳、神室岳などはいずれも50万年から150万年前に噴火した火山である。 仙台市は奥羽山脈を挟んで山形県山形市と接している。都道府県庁所在地同士が隣接する例は、仙台市と山形市の他、京都市と大津市、福岡市と佐賀市となっている(ただし、仙台市と山形市を直接結ぶ交通手段はJR仙山線面白山トンネルと未舗装の二口峠のみで、その他は両市以外を経由しなければならない)。また、仙台の北東には日本三景の松島(松島町)がある。
気候:
仙台は太平洋に開けた平野部に位置するため、海洋性気候(太平洋側気候)の傾向を持つ。そのため、冬は東北地方としては温暖で、冬日は比較的多いが、真冬日は少ない。降雪量は少なく、積雪が一週間以上残存することは少ない。夏は太平洋からの海風の影響で気温はあまり上昇せず、夏日にはなるが真夏日・熱帯夜が少ない。ただし、梅雨から夏の時期や秋分前後に北東から冷たい海風が入り込み、曇りがちになって大きく冷え込むことがある。このため、北海道の札幌よりも気温が低いことがしばしばある。平年値は、年間平均気温:12.1度C、降水量:1241.8mm、日照時間:1842.6時間。

仙台の住宅地図を見る

仙台の住宅・不動産を購入する前に、仙台の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
仙台にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから仙台で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
仙台市の住宅地図