幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 熊本市のマンション

熊本市の新築マンションや分譲マンション

熊本市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
熊本にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や熊本の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

熊本市のマンション・モデルルーム情報

熊本のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

熊本市の地域情報

熊本市(くまもとし)は熊本県の市で、同県の県庁所在地である。 九州の中心近くに位置する中核市で、人口は約67万人(熊本県下で最大、九州全体としては福岡市・北九州市に次いで3番目。中九州地区または広義の南九州地区では最大)、面積は266平方㎞。熊本藩細川氏54万石の城下町として発展。九州の中心に位置することから戦前は九州の地域中枢都市として栄えた。現在でも一部の国の出先機関が置かれている。相次ぐ周辺町村との合併で市域を拡大し、1977年には人口が50万人を突破。1991年には北部町・河内町・飽田町・天明町と合併し、現在の市域となる。1996年には、改正地方自治法に基づく最初の中核市の一つとなる。「水と森の都」と呼ばれ、豊富な地下水と緑に恵まれ、全国有数の農業生産を誇る田園都市でもある。
地理: 位置・地形
福岡市から南へ約110km、鹿児島市から北へ約180km、熊本県の中央部よりやや北側に位置している。 旧城下町を中心に市街地が発展してきた。熊本城の東側には上通、下通、サンロード新市街と呼ばれる中核市最大規模のアーケード街が1km以上にわたって連なり、その周囲に中心市街地が形成されている。市役所、日本郵政公社九州支社、西日本最大規模の交通センター、2つのデパートなどがある。 阿蘇外輪山へと続く市の北東部や東部は、一部に立田山や託麻三山、白川沿いの河岸段丘など起伏のある地形もあるが、全体としては阿蘇の火山灰土からなるなだらかで住宅地に適した丘陵地となっているため、国道57号沿線の健軍地区~帯山・長嶺地区~武蔵ヶ丘地区を軸に住宅地が広がっている。熊本市の人口は中央部とともに東部に集まっている。 熊本市の南部は熊本平野の一角をなし、平坦で田園風景が広がる。 市の西側は有明海(島原湾)に面し、白川や坪井川が注ぎ込む。海は遠浅で港湾とするのに適しておらず、臨海部はほとんど工業化・都市化していない。わずかに沖合に人工島を造成し熊本港が建設されているが、周辺土地の分譲はほとんど進んでいない。 市の北西側には金峰山(665m)・二の岳(685m)などがそびえ、その東麓は中心部から伸びる住宅地と森林が入り交じり、夏目漱石に「森の都」と呼ばれた風情を今も見せている。 東方にそびえる阿蘇外輪山一帯に降り注いだ雨は地下に浸透し、30~40年かけて平野部に達する。この豊かな地下水によって熊本市の水道水はまかなわれ、水前寺公園や江津湖などにも湧出している。なお、世界の50万人以上の都市で、水道水源を100%地下水だけでまかなっているのは熊本市だけと言われている。しかし、近年は田畑の耕作放棄、森林の管理放棄などによる涵養地の減少や工場の取水などのため、地下水位は低下しつつある。
気候
年平均気温は概ね16℃前後、年間降水量は概ね約1,500mm~2,000mmの間で推移している。有明海に面しているものの内陸性の気候で、佐賀と並んで夏冬の寒暖の差が大きい。特に夏場は「肥後の夕なぎ」と呼ばれる夕方の無風状態が続き、暑さが厳しく、最高気温が鹿児島や沖縄をしのぐ日も少なくない。春は桜の開花が高知などとともに早い。
熊本都市圏
熊本市を中心とする熊本都市圏の人口は102万0488人(2000年国勢調査に基づく都市雇用圏)に達し、全国でも上位に食い込む都市圏である。 全国的な流れとなった「平成の大合併」の当初、熊本市は周辺自治体に合併を働きかけることも特にせず、政令指定都市への移行にも消極的だったが、自治体人口、都市圏人口ともに下回っている新潟市・静岡市・浜松市などが周辺自治体との合併を進めて、相次いで政令指定都市移行の道筋をつけたことや地元の要望の高まりなどから積極姿勢に転じた。しかし、県との合併・政令市移行に対する見解が一致せず、また、財政的にも裕福な周辺自治体にことごとく合併を拒否されてしまった。しかし、任意協議会が立ち上がった下益城郡富合町や、町長選で合併絶対反対を表明していた現職を破り、熊本市を含めた合併協議に応じると公約していた新町長が就任した上益城郡益城町など、ここにきて熊本都市圏・政令市を巡る状況は変わりつつある。 九州新幹線の全線開業を控え、福岡市や鹿児島市との都市間競争の激化が予想されており、オフィスビルの空洞化などが懸念されはじめている。陸の玄関口である熊本駅とその周辺地区は、何十年にもわたり整備の必要が唱え続けられながら、遅々として進まなかったが、新幹線開通を前にようやく進展を見せ始めている。また、地元政財界などは、将来の道州制導入の際の州都を誘致する姿勢も見せている。

熊本の住宅地図を見る

熊本の住宅・不動産を購入する前に、熊本の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
熊本にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから熊本で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
熊本市の住宅地図