幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 鹿児島市のマンション

鹿児島市の新築マンションや分譲マンション

鹿児島市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
鹿児島にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や鹿児島の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

鹿児島市のマンション・モデルルーム情報

鹿児島のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

鹿児島市の地域情報

鹿児島市(かごしまし)は、九州の南部に位置する市であり、鹿児島県の県庁所在地である。 桜島を望む見晴らしの素晴らしさが似ている事から、「東洋のナポリ」と呼ばれる。 南九州の中心的な都市であり、古くは薩摩藩の城下町として栄えた。1889年4月1日に日本で最初に市制を施行した31市の一つで、現在は九州4位の人口を擁する。九州新幹線の完全開業により更なる発展が期待されるが、もともと鹿児島市は地理的要因によって発展してきた側面もあり、九州北部地区と短時間で結ばれるようになることで、南九州エリア拠点機能の喪失(福岡への統合)や商業面におけるストロー現象などのマイナス面も懸念されてる(だが現段階では起きておらず、むしろ開業以前より各方面で活況を呈している)。しかしながら、それにも増して人的交流や経済交流の活発化による発展と、次なる目標として政令指定都市への早期昇格が期待されている。
地理:
九州の南端部近く、福岡市から南へ約280km、熊本市から南へ約150kmの場所に位置し、鹿児島県内の薩摩半島の北東部および桜島全域を市域とする。鹿児島湾(錦江湾)を望み、桜島などに年間約900万人の観光客が訪れる観光都市でもある。 平野部の大部分が商業地域、住宅地域、工業地域に占められ耕作地域はほとんどない。市街地に近い傾斜地や山間部の多くも宅地開発され団地やニュータウンが数多い。しかし、都市の発展に道路開発が追いついておらず、朝夕はいずれの幹線も渋滞が著しい。特に、谷山地区からの通勤渋滞は酷く大きな課題となっている。 市域中心部の対岸(直線距離約4km)に位置する桜島は、1980~90年代に比べればかなり沈静化しているが、現在もなお活発な火山活動を続けており、市中心部にもしばしば降灰する。活火山を抱えながら、これだけの人口規模を有する都市は世界的にも稀である。
気候:
温暖で多雨の太平洋側気候を呈する。年平均気温は18℃前後で、真夏日が年間80日前後、夏日は年間160日前後あるのに対して、冬日は年間数日程度である。市街地で真冬日になることはまずないが、郊外の丘陵地や山間部では明け方によく冷える。また市外の周囲三方を険しい峠で囲まれている為、冬季には毎年何度か降雪もある。年間降水量は概ね2,000~2,700ミリ前後で、台風の直撃を受けることも多い。年間日照時間は2000時間前後である。
歴史:
「鹿児島」という名の由来は、野生の鹿の子(鹿児)が多く生息していたからとか、多くの水夫(かこ)が住んでいたから、火山を意味するカグという言葉から由来した等諸説ある。さらに、神話から来たという説もあり現在でもどれが正しいか確定していない。しかし、「カゴ」は崖という意味の古語であり、桜島の四方が崖になっていたので島名を鹿児島(麑嶋)と称する様になり、それが郡名に拡大したという説が正しいと思われる。 都市としての始まりは、島津家第6代島津氏久が東福寺城(鹿児島市清水町)を居城にしたとき(1340年頃)とみられる。1549年(天文18年)、フランシスコ・ザビエルが現在の市域にあたる場所(祇園之洲町)に上陸し、日本初のキリスト教伝来の地となる。 19世紀の中頃にはヨーロッパの機械文明を取り入れた研究が進み、第28代島津斉彬のもと集成館(現:尚古集成館)事業として反射炉や溶鉱炉が造られ、日本における近代工業化の発祥の地となり、近代日本の黎明、明治維新において、数多くの人物を輩出し、近代日本建設の礎となる。

鹿児島の住宅地図を見る

鹿児島の住宅・不動産を購入する前に、鹿児島の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
鹿児島にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから鹿児島で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
鹿児島市の住宅地図