幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 船橋市のマンション

船橋市の新築マンションや分譲マンション

船橋市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
船橋にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や船橋の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

船橋市のマンション・モデルルーム情報

船橋のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

船橋市の地域情報

船橋市(ふなばしし)は、千葉県北西部の市。中核市に指定されている。 近年、船橋市では行政を中心に「安心・安全で暮らしやすい住環境の整備」と「地域の魅力や特色を生かした都市づくり」を目指し、市内の各地域で行政を中心に盛んにまちづくりが行われている。
船橋市の地名の由来:
伝説では、 日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の折、海老川を渡るために船で橋を作ったのが地名の由来とされている。実際、船橋の地名が世間で言われるようになったのは鎌倉時代とされており、鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」に『船橋』という地名が出てくる。地名の由来は現在でも定かでは無いが、最も有力な説として、市内を流れる海老川(現在よりも水量、川幅があったとされ、現在の陸地の一部には夏見干潟と呼ばれる大きな入り江があり、湊として栄えていたという)に船を並べ、その上に板を渡し橋を造った事に由縁するといわれている。※そのような船で造られた橋の事を「船橋」と言う。
地質・地形:
船橋市域の中央部一帯は20-30mの高度を示すいわゆる下総台地の一部を形成する平坦な洪積台地で、最も高いのは習志野台5丁目標高の31.2mで、分水界を形成している。下総台地は西部を南流して海に注ぐ海老川、東北部は東流して印旛沼に注ぐ神埼川その他の小河川があり、主に海老川水系と印旛沼水系(神崎川水系)に別れている。これらの河川による樹枝状侵食谷には谷津田(谷戸)が営まれ、台地上は林と畑であったが現在は巨大な住宅団地化している。台地の前面の沖積平野は低湿地でその前面は沿岸流によって形成された砂丘地帯でこの砂丘は最も海寄りの海神・宮本の台地をおおい、市川から千葉へと続き古くから市街地化していた。砂丘の後背の低湿地には天沼・蓮沼を残し前面は遠浅の海岸であったが現在は殆ど埋め立てられている。
各地域の特徴:
南部は商業施設や工場が多く、中部は住宅地が開発されて人口が多い。北部には農地もあり、米はじめ多くの種類の農産物が栽培されている。特にニンジンや梨の栽培が有名である。 ラムサール条約登録運動のある三番瀬(『さんばんぜ』と読む)がある。 船橋駅からやや東より、京成電鉄の大神宮下駅と船橋競馬場の間に東経140度の経線が通る。国道14号線ぞいには、そのことを記した標識がある。 船橋市には隣接する市川市との間に市境の未確定地(どちらの市にも属していない土地:境界未確定地)がある。場所はふなばし三番瀬海浜公園近くの海岸(砂浜)。未確定分の面積は0.14km2。また、鎌ヶ谷市には丸山という飛地も存在する。

船橋の住宅地図を見る

船橋の住宅・不動産を購入する前に、船橋の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
船橋にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから船橋で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
船橋市の住宅地図