幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 八王子市のマンション

八王子市の新築マンションや分譲マンション

八王子市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
八王子にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や八王子の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

八王子市のマンション・モデルルーム情報

八王子のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

八王子市の地域情報

八王子市(はちおうじし)は、東京都の島嶼部を除く地域の南西部に位置する市で、中核市の要件を満たす、多摩地域の中心的な市の一つである。国からは業務核都市、東京都からは多摩の「心(しん)」として位置づけられている。人口全国第24位、東京都内では特別区に次いで第2位、全国の政令指定都市及び候補市(市町村合併の結果人口が70万人を越えた市)を除くと全国第6位の市。2007年4月から保健所政令市に移行することが決定されている。 多摩地域内で最も早く市制施行したことや南多摩郡の郡役所所在地であったことから、多摩地域や南多摩地域の中心的都市とみることもできる。また、かつて絹織物産業・養蚕業が盛んであったために「桑の都」および「桑都(そうと)」という美称があり、西行の歌にも「浅川を渡れば富士の影清く桑の都に青嵐吹く」と詠まれている。国産ネクタイの製造シェアでは日本一である。
地理:
八王子市は東京都の島嶼部を除く地域の南西部、都心から約40kmに位置している。 市域全体を概観すると、山地・丘陵を三方の周縁とし、東へ流れる浅川を中心に、八王子盆地と呼ばれる東にひらけた半盆地状の複合扇状地をなしている。かつてその扇状地は桑畑として利用されたが、現在では住宅地や工業用地として転用されほとんど見ることができない。西部の山地に源を発する浅川は市の中央部付近で南浅川と合流し市の中心域を流れ、川口川と合流、日野台地のせり出しを受けて東南に下り、山田川、湯殿川と合流して日野市へと向かう。その他の主要河川である北部の谷地川、南東部の大栗川はそれぞれ市の外で多摩川に合流する。中心部の標高は海抜100m前後である。(市内最高所は醍醐丸=上恩方町、標高862.7m、最低所は大栗川=大塚、標高63.0m) 中世から近世・近代に至るまで東西を走る甲州街道と、川越・桐生・日光(日光脇往還)など関東北西部、小田原・鎌倉・横浜(浜街道)など南西部・南東部を結ぶ街道が交差する交通の要衝であった。とくに江戸時代には、甲州街道の宿場町として栄えた。 現在でも、国道20号(甲州街道)と横浜から川越方面へと向かう国道16号(東京環状)、そして青梅を経て甲府へ向かう国道411号(滝山街道、青梅街道)の交点である。また、中央自動車道と首都圏中央連絡自動車道との交点である八王子ジャンクションも建設中である。 鉄道輸送においてもJR中央本線と横浜線・八高線の交点として、またJR貨物八王子総合鉄道部や京王電鉄の始発駅2駅を抱え、主要拠点となっている。
地形:
関東山地の一部である高尾山や陣馬山など標高500mから900m弱の山々を西端として、小河川を挟んで第四紀層の上総層群で形成されている各丘陵が舌出している。 すなわち、標高200mほどの西部の恩方丘陵および南部から東南部の多摩丘陵の西端が関東山地の東縁に連なり、そして北部では多摩川およびその支流の秋川と川口川の間に加住丘陵(標高200m前後)が、北西部には川口川と浅川の支流である北浅川との間に川口丘陵が突き出ている。加住丘陵の東端は標高を下げながら北東部の日野台地へと続く。 八王子市域は関東山地と関東平野とを隔てる八王子構造線に跨っており、その名称の由来ともなっている。 森林面積は8,582haで、市域全体の約46%を占める。
気候:
内陸部の小盆地であるため、市の中心部における冬の最低気温は東京都心部に比して5℃ほど低く(最高気温はほぼ同じ)、夏の最高気温は同じく2-3℃ほど高いこともある。1月の平均最低気温は北関東の前橋市よりも低く、冷え込みが厳しい。

八王子の住宅地図を見る

八王子の住宅・不動産を購入する前に、八王子の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
八王子にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから八王子で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
八王子市の住宅地図