幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 東大阪市のマンション

東大阪市の新築マンションや分譲マンション

東大阪市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
東大阪にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や東大阪の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

東大阪市のマンション・モデルルーム情報

東大阪のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

東大阪市の地域情報

東大阪市(ひがしおおさかし)は、大阪府の東部の市。大阪市、堺市に次ぐ、大阪府内で第3位の人口規模の市であり、中核市に指定されている。将来は政令指定都市への移行及び市町村合併の構想もあるがまだ計画にまでは至っていない。
地理:
大阪平野の東部に位置する。市域の大半は平坦な低地で、河川の多くは天井川である。そのため1976年(昭和51年)の大東水害では大きな被害を蒙った。 一方で市東部は生駒山系の山々が連なっており、豊富な自然が残されている。 主な河川には、長瀬川・恩智川・玉串川・第二寝屋川などがある。
歴史:
令制国でいうところの河内国中部にあたり、古代にはこの一帯は河内湾と呼ばれる大阪湾の奥にある小さな湾であったが、次第に海から分離して湖となった。その湖が大和川を経て上流から運ばれてくる土砂が堆積したことによって徐々に陸地化したが、こうした経緯から湿地・深田が多く、また洪水に見舞われやすい土地であった。 古くは物部氏の本拠地があり、物部守屋の最期の地は衣摺(市西南部)であるなど、早くから開けた地域であった。 飛鳥時代などには中国大陸への玄関口であった難波津との街道筋にあたり街道筋には多くの集落ができた。 奈良時代になると、平城京と難波津を結ぶ街道が整備され、その街道筋にも多くの集落ができた。 平安時代になり、熊野詣や高野山へ上皇や貴族が参詣に訪れるようになると、その街道であった高野街道の沿線であった市の東部の生駒山麓に多くの集落ができた。 平安時代には、枚岡神社の勢力が大きく、それを背景とする水走氏が有力な領主として市東部を中心に活動した。 室町初期、河内守護に任ぜられた畠山氏が若江城を築き、河内を統治する拠点とした。以後畠山氏がこの城を治めるが、応仁の乱やその後も続いた家督争いによって衰え、城主は細川氏や三好氏など転々とする。最終的に城は織田信長の支配下に入り石山本願寺攻めの拠点とされたが、両者が和睦した後に廃城とされた。またこの付近は大坂夏の陣における若江の戦いの舞台としても知られ豊臣方の将木村重成の終焉の地でもあることで知られる。 江戸時代中期以降、大和川の付け替え工事が行われると新田開発が大坂の商人らによって積極的に推進された。また商品作物の栽培も盛んで、木綿の産地として名の知られた存在だった。 東大阪市の中央部は長い間、湿地帯で開発が遅れた。東大阪市の市域で早くに開けたのは、旧大和川の流域と高野街道沿いの地域である。また、中甚兵衛の大和川の付け替え工事の嘆願によって、大和川が付け替えられるまでは、中央部の低湿地帯の開発が遅々として進まず、室町時代以降、河内国の行政の中心であった若江城でさえ、四方を沼地に囲まれた難攻不落の平城として記録されている。
産業:
日本有数の中小企業の密集地であり、高い技術を持った零細工場が多数集まっている。 隣市の八尾市同様に、この地域においても、江戸時代には旧大和川川床などにおける木綿栽培が行われ、大阪の中心、船場に近いという地の利があり、木綿を加工するための小規模な工業が発展していた。明治維新で家内的な木綿工業は一気に壊滅したが、残された技術が、現在の当地を支える原動力になっていった。生産機械のための機械作りやその部品作りである。 2002年12月に東大阪宇宙開発協同組合を設立し人工衛星の開発を進めるなど、技術力は高い(近畿大学には研究用の小規模の物ながら原子炉まである)。 1958年、日本で初めての回転寿司店である元禄寿司が開店した町でもある(旧布施市:現在の西部)。 当地を創業の地として産まれ、全国区に育っていった企業は数多い。 しかしながら、そのまま当地域を拠点とし続けている企業は少ない。

東大阪の住宅地図を見る

東大阪の住宅・不動産を購入する前に、東大阪の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
東大阪にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから東大阪で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
東大阪市の住宅地図