幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 松山市のマンション

松山市の新築マンションや分譲マンション

松山市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
松山にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や松山の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

松山市のマンション・モデルルーム情報

松山のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

松山市の地域情報

松山市(まつやまし)は、四国の北西部、愛媛県の中部に位置する、同県の県庁所在地である。四国最大の人口を有し、道後温泉を代表とする「国際観光温泉文化都市」。松山城を中心に発展して来た旧・城下町で、小説「坊っちゃん」「坂の上の雲」や俳句で知られる文学の街でもある。[瀬戸内海]]を通じて広島市や呉市との関係が親密である。 2005年1月1日、北条市、温泉郡中島町を編入し、人口50万人を突破した。旧温泉郡。
地理:
松山市は西に瀬戸内海(伊予灘及び斎灘)に面しており、北と東は高縄半島の山々、南は四国山地の一支脈である皿ヶ峰連峰に接している。松山平野の大部分を占めるほか、三坂峠のすぐ下の山間地から、旧・中島町の島嶼部に至るまで広い面積を有するようになった。 山:高縄山(標高986)、明神ガ森(標高1217m)= 松山市最高峰 峠:三坂峠(標高720m)=国道33号 河川:石手川、重信川 湖沼:白鷺湖(石手川ダムの貯水池) 島:忽那諸島
都市構造:
中心街
市内中心部、松山平野の北東寄りの勝山(地元では専ら「お城山」と呼ばれている。通称「城山」)に松山城があり、シンボル的にも、実質的にも松山城の南側に隣接中心市街地が昔からの「城下」として、今日でも市の中心街とされる。 この一帯は百貨店・商店街・企業オフィス・中四国でも有数の歓楽街等が集中しており、そして愛媛県庁・松山市庁舎が置かれている。
旧市内
松山では、番町・東雲(しののめ)・八坂(やさか)・素鵞(そが)・雄郡(ゆうぐん)・新玉(あらたま)・味酒(みさけ)・清水(しみず)の8地区を「旧市内」と呼ぶことがある(昭和15年の合併以前の旧市の意)。また、行政的に「本庁区」などと呼ぶこともある。これら8地区合わせ、12万8000人が住んでいる。 近年、とりわけ中心市街地には分譲マンションが建ち並び始め、2003年を底に人口が増える傾向が見られる。分譲マンションの林立は、松山城の眺望・景観を阻害するものとして問題視されている。
城北等
市内を東西南北に分け、「城東」「城西」「城南」「城北」というように呼称することがある。その区画割については確たる基準はない。ただ、「城北」という呼び方は古くからあるが、「城南」「城西」「城東」という呼び方はあまり一般的ではない(高等学校・病院・企業の名称などには見られる)。
交通:
JR予讃線松山駅は、中心市街内のやや西寄りにある。むしろ伊予鉄道の松山市駅が中心駅と言え、ここから郊外線が3方向に伸びている。加えて、市内電車(軌道)の拠点停留所も松山市駅前にあり、都市間高速バスを含む路線バスの発着点ともなっているなど、公共交通の面でも中心といえる。これには、松山市駅が明治21年(1888年)に開業したのに比べ、予讃本線(現・予讃線)の到達が遅く、昭和2年(1927年)になってようやく松山駅が開業した、との経緯もある。なお国鉄延長の際、松山市駅はそれまで名乗っていた「松山駅」の名を国鉄に奪われ、現駅名を名乗るようになった。 国道11号、国道33号、国道56号、国道196号が松山市中心街に集中し、広域的な交通拠点ともなっている。松山自動車道のインターチェンジは市の南部、砥部町寄りにある。

松山の住宅地図を見る

松山の住宅・不動産を購入する前に、松山の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
松山にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから松山で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
松山市の住宅地図