幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 松戸市のマンション

松戸市の新築マンションや分譲マンション

松戸市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
松戸にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や松戸の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

松戸市のマンション・モデルルーム情報

松戸のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

松戸市の地域情報

松戸市(まつどし)は、千葉県の北西に位置し、古くは水戸街道の宿場町として、現在は東京のベッドタウンとして知られる。東京都と埼玉県に接しており、千葉県内では人口第3位の市である。
千葉県の北西に位置し、南北に流れる江戸川を西端としている。江戸川の左岸にあたる西部地域は海抜4m前後の低地で、水路が縦横に走り、宅地化が進んだ現在でも、水田や畑地が各所に見られる。東部地域は洪積地層からなる下総台地(海抜20-30m)の西端となっていて、現在ではやはり住宅地がひろがっているが、1960年代以前は、山林や果樹園などの畑が多く見られた。標高は市域のほぼ中央に位置する常盤平駅周辺が最も高く、ここを境にして、市内の河川は西に向かい東京湾へつづく江戸川水系と、東に向かい太平洋へ注ぎ込む東の手賀沼・利根川水系に分かれている。なお、市内を流れる坂川は、北千葉導水路の一部として江戸川に流れている。 JR常磐線が水戸街道と並走するように市の中西部から南北に貫き、北部(新松戸駅)で武蔵野線と交差している。松戸駅からは新京成線が分岐し、ほぼ市の中央の八柱駅にて武蔵野線新八柱駅と交差するように市の中央部を横断している。また、南部では北総鉄道が東西に走り、東松戸駅で武蔵野線と連絡している。 江戸時代から水戸街道の宿場であった。現在の松戸駅の付近である旧宿場は現在も中心市街となっている。また、1960年代から大規模住宅団地が市内各地に造成されると、住宅地の鉄道駅周辺があらたに商業施設などの集まる市街地として整備されている。また、幹線道路の整備・拡幅にともない、郊外型の商業施設が沿線に立地している。
悪化する景観
JR松戸駅前西口。伊勢丹松戸店に向かう通り。2006年9月撮影松戸駅周辺の景観が、近隣主要駅と比較して悪いことが問題視されている。無秩序に広がる消費者金融や風俗産業等の派手な看板や広告等が駅利用客を出迎える。駅前を暗くしていたアーケードは撤去されたが、看板・広告は未だに放置されたままである。
新松戸「赤い鳥居」問題
新松戸駅西口を出ると、通路を取り囲むように威圧的な鉄骨のオブジェがつくられている。通称「赤い鳥居」と呼ばれるもので、新松戸住民からの評判は悪く市議会でも問題になっている。市の役人によるお仕着せの街づくり、市自らが景観を考慮しない街づくりをしていることの一端をみることもできる。

松戸の住宅地図を見る

松戸の住宅・不動産を購入する前に、松戸の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
松戸にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから松戸で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
松戸市の住宅地図