幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 宇都宮市のマンション

宇都宮市の新築マンションや分譲マンション

宇都宮市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
宇都宮にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や宇都宮の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

宇都宮市のマンション・モデルルーム情報

宇都宮のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

宇都宮市の地域情報

宇都宮市(うつのみやし)は、関東地方の北部、栃木県の中部に位置する都市で、同県の県庁所在地である。旧河内郡池辺郷。河内郡(河内町、上河内町、上三川町)とともに宇河地区と呼ばれる。現在、この宇河地区内での自治体合併が進められている。 人口は約46万人、工業製品出荷額・年間商品販売額ともに栃木県内第2位の小山市を大きく引き離して県内第1位であり、1996年(平成8年)4月1日、国から中核市に指定されている。北関東唯一の中核市であり、栃木県はもとより北関東を代表する経済・行政の中心都市である。 宇都宮の市名は延喜式神名帳にて下野国河内郡一之宮名神大社とされる二荒山神社の別号を起源とする。 なお、生まれも育ちも宇都宮である、生粋の宇都宮市民を宮っ子という。
関東地方の中北部に位置する都市である。古代は毛野国にあって東山道の北部、毛野川(現在の鬼怒川)の西に位置し、開祖・豊城入彦命(第十代崇神天皇の第一皇子)を祀る宇都宮二荒山神社の創祀に始まり、鎌倉時代には中道(なかつみち)の北端にて蝦夷を見据える要衝となった。室町時代には二荒山神社の門前町として発達し、当地の支配権を有していた二荒山神社の神主で日光山別当職を兼ね、毛野氏の流れを汲むとも言われる藤原北家道兼流宇都宮氏(嫡流)の居館(後の宇都宮城)が置かれた。江戸時代には宇都宮藩の城下町、日光街道・奥州街道の宿場町・馬場として、また徳川幕府にとって関東の北の要衝として盛えた。 戊辰戦争や第二次世界大戦などの騒乱を経て、歴史的遺構は破壊されたが、現在では、宇都宮城、松が峰教会、清巌寺鉄塔婆などの歴史遺産の保全活動にも手が尽くされている。 宇都宮市西部にある大谷町周辺で採掘される凝灰岩「大谷石」は、関東各地の建造物の建材として汎用されている。 戦後は、市の東部に大規模な内陸型工業団地を開発し、首都圏からのアクセスの好さを利用して企業誘致を行い、工業都市として発展している。1984年には、先端技術産業を中核とした「産・学・住」一体の街づくりを促進する「テクノポリス」地域に関東地方で唯一指定された。 近年では、「餃子の街」として有名となり、観光客数が増加している。他にもカクテルやジャズなどを活用した町興しも進めており、多角的に楽しめる都市となっている。
地理
栃木県のほぼ中部、関東平野の北端に位置する。首都東京から約105km北。南部は平坦な土地が広がり、東部をかつて関東の暴れ川と呼ばれた鬼怒川、中央部を鬼怒川支流の一つ田川、西部を姿川が流れる。また、姿川と田川の間には灌漑用水路「新川」が流れる。 土地は鬼怒川が流れる市東南部地域が最も低く、北西部に向けて徐々に高くなっており、その先には古賀志山・多気山・鞍掛山など小高い山が連なっている。 宇都宮市街地は、この北西部山系から連なる水道山、八幡山、二荒山(明神山)のちょうど終端に位置する。背に北部山系を配し、平地開口部には田川等の水系を配す、典型的な「天然の要害」であり、この「地の利」を巧に取り込んだ宇都宮城の城下町から発展を続けている。 内陸部に位置しているため、気候は内陸性気候が見られる。その為、冬は厳しく冷え込み、-5℃以下になることも年に数回ある。 また、夏季において全国的に見ても特に雷の多い地域であり、宇都宮市は別名「雷都(らいと)」とも呼ばれている。
歴史
東山道の北部に位置し、中道の最北端に位置した宇都宮の歴史は古く、蝦夷平定のためこの地に足を踏み入れた豊城入彦命が開祖といわれており、当時池辺郷といったこの地に命を神として祀った宇都宮二荒山神社(社伝によると西暦353年創祀)の門前町として、また二荒山神社の神官としてこの地に赴任した摂関家藤原北家道兼流・宇都宮氏の直轄地として栄えた。 「宇都宮」という都市名と、嫡流「宇都宮氏」の名称は、延喜式神名帳にある下野国唯一の一宮名神大社である「二荒山神社」の別号「宇津宮大明神(宇都宮大明神)」に由来するというのが一般的だが、他にも「遷しの宮」、「討つの宮」など諸説がある。宇都宮二荒山神社はその武徳が尊ばれ、かつてこの地を訪れた藤原秀郷(藤原北家魚名流)や源義家(八幡太郎義家)、源頼朝、徳川家康(清和源氏義家流)等の名将らも戦勝祈願し、土地・金品等が寄進されたと言われる。 その後、1598年に宇都宮に入封された蒲生秀行(12万石)が日野町や紺屋町を造成し、宇都宮氏の居館(中世宇都宮城)は近世宇都宮城へと継承された。さらに小山藩3万石から加増を受け15万5千石で宇都宮藩に入封された徳川家康の腹心である本多正純が城下町を含めた宇都宮城改築の大普請を行い、城下町・宇都宮の礎を築き、現代に受け継がれている。また、江戸時代には奥州街道と日光街道が整備され、宿場町・宇都宮宿としても繁栄した。 歴史的構造物は時代が生まれ変わるごとに破壊と再生の道を辿って来たが、宇都宮二荒山神社を礎として、様々な文化を受け入れる温故知新の社会構造は、脈々と現代に受け継がれている。

宇都宮の住宅地図を見る

宇都宮の住宅・不動産を購入する前に、宇都宮の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
宇都宮にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから宇都宮で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
宇都宮市の住宅地図