幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 横須賀市のマンション

横須賀市の新築マンションや分譲マンション

横須賀市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
横須賀にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や横須賀の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

横須賀市のマンション・モデルルーム情報

横須賀のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

横須賀市の地域情報

横須賀市(よこすかし)は、神奈川県南東部の三浦半島に位置する都市。現在中核市に指定されている。 神奈川県南東部に位置する三浦半島の大部分を占め、市域の東側は東京湾(浦賀水道)、西側は相模湾に面する。また東京湾に浮かぶ唯一の自然島である猿島も行政区域に含まれている。それほど標高が高い山はないが、中央部は山間部や丘陵部が多く、平地は少ない。そのため古くから海岸線の埋め立てが行われており、現在の中心市街地もかなりの部分が埋立地にある。また、海岸沿いまで山が迫る地形のためトンネルが多いのも特徴で、神奈川県にあるトンネルのおよそ半数が市内に集中している。 政治・経済的都市機能が集中する東京湾岸には大工場や住宅群がひしめきあうが、相模湾岸には自然が数多く残され、農業も盛んである。市内中心部から東京都心までは京急本線で約50分、JR横須賀線で約1時間20分。また横浜横須賀道路など地域高規格道路が整備されており、車では羽田空港まで約40分、都心へは55分程度となっている。 東京湾の入口に位置する為、江戸時代から国防の拠点とされ、かつては大日本帝国海軍横須賀基地を擁す軍港都市として栄えた。現在もアメリカ海軍第7艦隊横須賀海軍施設および海上自衛隊自衛艦隊・横須賀地方隊の基地が置かれている。 現在人口は横浜市・川崎市・相模原市に次ぎ神奈川県第4位となっており、県下では横浜市に次いで2番目に市制を施行した。このため、公式文書で自治体を列挙する際には横浜市・川崎市・横須賀市の順で表記される(政令指定都市→市制施行順に表記されるため。同様に千葉県では千葉市の次に銚子市が記載される)。また横須賀市が県の政令市(保健所・水道事業等は中核市になる前から横須賀市が独自に行っている)ということもあり県から見ればトップ3の一角だが、2003年に中核市となった相模原市が人口増と市町村合併で政令指定都市への移行も視野に入れているため、この情勢にも変化が見込まれる。 基幹産業が重厚長大産業であることや、地形が山がちという地理的要因から今後大きな人口増加は望めないため、「国際海の手文化都市」をスローガンに「交流人口」(仕事やレジャーでの流入人口)の増加、そして「また来てもらえる街」をめざしている。そのための施策として横須賀リサーチパーク (YRP) 開設や神奈川県立保健福祉大学の誘致、海軍カレーによる街おこし、ヴェルニー公園(1万メートルプロムナード計画の起点)、くりはま花の国、長井海の手公園ソレイユの丘、美術館等観光施設の整備などが行われている。 以前「平成の大合併」を機に三浦市から合併を打診されたが、政令指定市に昇格できる見込みも無く、特段の利点が無いということで断っている。もし三浦半島4市1町(横須賀、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町)で合併すれば政令指定市への移行が十分に見込める人口75万規模の自治体になるが、各市町に強いプライドがあり、広域的な合併を目指す動きは見られなかった。合併を推進していた小林一也三浦市長が1期限りで落選したこともあり、現在周辺自治体との合併の計画はない。 なお三浦半島地域に共通の問題として高い高齢化率、ゴミ処理の共通化などがあり、横須賀市は舵取りを迫られている。
横須賀市の沿革
約2万年前(後期旧石器時代)に三浦半島に人が住み始めたという説があり、縄文時代に入ると生活の跡である貝塚も市内に散見されるようになる。古墳時代には小規模ながら古墳がつくられ、奈良時代中ごろまでは相模国から上総国へと抜ける古東海道が通じていた。 中世には三浦氏、後に相模三浦氏が一帯を支配するようになるが、戦国時代に北条氏により滅亡、その後徳川家康の領地となる。江戸時代に入ると海上からの首都の玄関口となり、燈明堂や奉行所がおかれた。 幕末には黒船来航の地となり、観音埼灯台の点灯、横須賀製鉄所や横須賀鎮守府設置、横須賀線の開通など、近代化や国防における要所として発展、県内では横浜市に次ぐ市制施行を果たした。昭和時代に入ると大日本帝国海軍の一大拠点となり、軍事施設を持つ周辺の町村を併合することでほぼ現在と同様の市域が形作られた(逗子町は後に分離)。このため横須賀市では昭和の大合併に伴う市町村合併は行われなかった。 戦後は横浜や東京のベッドタウンとして発展したが、1990年代には人口が頭打ちとなり、現在では減少に転じている。

横須賀の住宅地図を見る

横須賀の住宅・不動産を購入する前に、横須賀の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
横須賀にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから横須賀で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
横須賀市の住宅地図