幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 川越市のマンション

川越市の新築マンションや分譲マンション

川越市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
川越にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や川越の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

川越市のマンション・モデルルーム情報

川越のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

川越市の地域情報

川越市(かわごえし)は、関東地方の南部、埼玉県の南西部に位置する都市。旧入間郡。中核市と業務核都市に指定されている。 江戸時代には川越藩の城下町として盛えた都市で、「小江戸」の異名を持つ。戦災を免れた為、歴史的な街並や寺院などが多く残っており、市内の観光名所には年間約400万人もの観光客が訪れている。 埼玉県では第一の城下町ともあって、廃藩置県の時期には、入間県の県庁所在地であった。又、埼玉りそな銀行の前身の一つである八十五銀行の発祥地でもある。 東武東上線・JR川越駅及び、西武新宿線本川越駅を合わせた乗降客数は26万人を超える。川越駅周辺は、埼玉県内では大宮駅周辺に次ぐ第二の繁華街として賑わっている。埼玉県西部を代表する都市である。
地理
荒川の西に位置する。市内にはJR川越線、東武東上線、西武新宿線、関越自動車道が通る。
川越市庁舎(2005年1月)川:荒川、入間川、新河岸川、小畔川、不老川
沼:伊佐沼
都市名の由来
市街地を川が囲む形となっており、川を越えないとたどり着けないことから「河越(川越)」と称されたと言われている。しかしながら古文書等にも伝説として記載されており、はっきりした由来は不明である 。
歴史
1955年(昭和30年)4月1日 - 入間郡芳野村・古谷村・南古谷村・高階村・福原村・大東村・霞ヶ関村・名細村・山田村を編入。 人口104,854人、世帯数19,799世帯、面積110.28km2 1957年(昭和32年) - 川越市民の歌「われらの川越」制定。 高度成長期には東京のベッドタウンとして発展。 1994年(平成6年)5月1日 - 狭山市・日高市と境界変更。現在の市域となる。 2003年(平成15年)4月1日 - 埼玉県内で初の中核市に指定される。
広域行政
川越市を中心とした4市3町(川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、日高市、入間郡毛呂山町・越生町、比企郡川島町)は「埼玉県川越都市圏まちづくり協議会」(通称「レインボー協議会」)を構成している。現在までに図書館の相互利用、広報紙の相互掲載、参加市町の観光スポットを紹介した「広域観光ガイド」の発行等を行っている。 また、日高市と川島町を除く5市町はいわゆるご当地ナンバーとして「川越」ナンバーが2006年10月10日に導入される事が決定した。

川越の住宅地図を見る

川越の住宅・不動産を購入する前に、川越の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
川越にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから川越で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
川越市の住宅地図