幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 那覇市のマンション

那覇市の新築マンションや分譲マンション

那覇市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
那覇にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や那覇の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

那覇市のマンション・モデルルーム情報

那覇のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

那覇市の地域情報

那覇市(なはし、琉球語ナーファ)は、沖縄本島南部の都市で、沖縄県の県庁所在地である。 琉球諸島の中心的な都市で、政治的・軍事的な要衝となっている沖縄県の政治・経済の中枢として、対米、対アジア関係でも重要な位置を占める都市の一つである。 面積は道府県庁所在地の中で最も小さい。人口密度が九州地方で最も高い市である。首里地区は琉球王国の王府として発展し、現在の市域内でも古くから壺屋焼や泡盛の生産、港町として栄える。近年の沖縄観光人気で、国際通りや首里城などの名所が注目を集めている。 市北部は米軍住宅地が返還され、現在は那覇新都心として開発が進められている。
地理
沖縄県最大の島、沖縄本島南部の西海岸に位置し、東シナ海に面している。市中央部がほぼ平坦で、周辺部に小高い丘陵地帯が取り巻くように展開し、市内を東から西に国場川や安里川などが流れ、東シナ海に注いでいる。豊見城市との市境にある漫湖はラムサール条約に登録されている。
歴史
那覇は国場川が海に注ぐところにある河口の港で、古くから沖縄の良港として、琉球王国の首都・首里の外港として、東アジアや東南アジア一帯の中継貿易拠点として栄えてきた。 かつては国場川・安里川の河口の湾に散在する島の一つであり浮島と呼ばれていた。小さな港であったが、尚金福王が1451年に明からの冊封使を迎えるため、中国人の懐機に命じて「長虹堤」と呼ばれる長さ1km に及ぶ堤道を建設させて沖縄本島の安里川側と繋いだ。陸路交通が整備されたことから港としての発展が始まり、那覇四町と呼ばれる市街地が形成された。近くの久米村には中国・福建省などからの移民が住み、造船など琉球の貿易を支える産業に従事してきた。また倭寇などの襲撃からの防御のため、那覇港沖の海上にある島に城壁を築いて堤道を作り、国場川河口の那覇港の南北に防御用の砲台「三重城」(みえぐすく)「屋良座森城」(やらざもりぐすく)が完成した。同時に、那覇港の中央の島には御物城と呼ばれる貿易用倉庫が造られている。さらに那覇港の対岸にあたる南側の垣花などにも市街地や港湾が広がった。(那覇港の南岸は第二次大戦後更地になり、米軍の那覇軍港となっている。) 久米村、長虹堤、三重城など那覇の名所は中国人により「球陽八景」と謳われ、葛飾北斎の浮世絵「琉球八景」にも描かれているが、島だった那覇は土砂の堆積により琉球王国末期には本島につながっている。
産業
第三次産業の割合が高い。その中でも小売業の床面積は、347,672m2と規模が大きい。また、市内に那覇空港があることから、ビジネス客や観光客の多くが那覇を訪れている。1998年、沖縄県を訪れた観光客412万人のうち、那覇の宿泊施設を利用した観光客は多く、中心市街地の国際通りでは、観光客相手の土産品店が立ち並び、常時観光客で賑わいを見せている。

那覇の住宅地図を見る

那覇の住宅・不動産を購入する前に、那覇の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
那覇にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから那覇で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
那覇市の住宅地図