幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 市原市のマンション

市原市の新築マンションや分譲マンション

市原市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
市原にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や市原の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

市原市のマンション・モデルルーム情報

市原のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

市原市の地域情報

市原市(いちはらし)は、千葉県の市である。県の中央部、千葉市の南に隣接する。Jリーグのジェフユナイテッド市原・千葉のホームタウン(千葉市との広域ホームタウン)。ゴルフ場の数、石油化学プラントの数は全国でもトップを誇る。 市原市は房総半島西部を流れる養老川の流域を市域としており北は東京湾に面する臨海工業地域、南は房総丘陵に連なる山間部で南北に非常に長い市域を持っている。又、市原市の面積368.20 km2は関東では横浜市に続いて第2位の面積となる。内房線沿線は住宅地域。その他にも臨海部の工業地帯で働く労働者向けの住宅地域が市の北中部に点在している。中部より南側にはゴルフ場が非常に多く、ゴルフ場銀座と言っても過言ではない。ゴルフ場数は日本一、市の中央部のゴルフ場密度は世界一である。牛久地域以南は完全な農村地帯、養老渓谷周辺は丘陵地帯でシーズンになると多くのハイキング客で賑わう。
歴史
古代においては市原市の国分寺台から能満にかけての一帯が上総国の中心地域であったと見られる。市原市国分寺台から国分寺跡、国分尼寺跡が発掘されているが、国府がどこにあったかは正確には分かっていない。 中世においては千葉氏の勢力下にあったが、千葉氏の勢力が次第に衰えると、里見氏などの新興勢力の伸張を許した。現在の千葉市生実町に館を構えた小弓公方足利義明もこの地に拠った。 近世の幕藩体制下では五井藩、鶴牧藩(現在の椎津付近)が知られている 1871年7月の廃藩置県では菊間県、鶴牧県、鶴舞県が成立。その後同年11月の府県統合で木更津県に、1873年に新治、印旛県などと合併して千葉県が成立した。現市原市は市原郡全域を市域としているが、1889年の時点で171カ村が確認されている。これが1945年までに八幡町、五井町、姉崎町、牛久町、鶴舞町などの5町16村にまとまり、更に昭和の大合併期である1954年から56年にかけて市原町、五井町、姉崎町、三和町、南総町(牛久、鶴舞地区)、市津村(後に町)、加茂村(高滝、里見地区)の5町2村にまで統合された。1963年南総町と加茂村を除く5町で市原市が誕生。更に1967年に南総町と加茂村も合わせて現在の市原市の形が完成した。 戦後になると東京湾岸の埋め立てが進み市原市は千葉港の一角にコミットされた。市原市では特に石油産業などの化学工業をメインとする企業の進出が多い。これらの工場から発せられるスモッグによって現在でも光化学スモッグが発生する事がしばしばである。
市原市内の各地域
合併経緯などの歴史的経緯から
八幡地区(市原地区) 五井地区 姉崎地区 三和地区 市津地区 南総地区 加茂地区 などに分かれている。特に以前は、八幡地区と五井地区の歴史的な対立感情が大きいと言われており、現在の市原市の中心地区は五井地区であるが市名として「市原」を採用したのはこうした対立の妥協であるとされている。 光風台駅から見る光風台地区この他に新興住宅地域として 辰巳台地区(特に古河電工の社宅が多く、ジェフ千葉のジュニアユースクラブもある) 若宮地区 国分寺台地区(市原市役所がある、事実上の中心地) ちはら台地区 有秋台 青葉台 光風台 椎の木台 などがある。 更に埋立地は 八幡海岸(三井造船や古河電工、大日本インキ化学工業、昭和電工など) 五井海岸(東京電力五井火力、コスモ石油、丸善石油化学、宇部興産など) 姉崎海岸(東京電力姉崎火力、出光石油など) などにわかれる 近年では、南北問題と言われる(北部に商業、人口、産業が集中し、南部の過疎化が進んでいる)問題も抱えている。

市原の住宅地図を見る

市原の住宅・不動産を購入する前に、市原の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
市原にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから市原で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
市原市の住宅地図