幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 府中市のマンション

府中市の新築マンションや分譲マンション

府中市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
府中にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や府中の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

府中市のマンション・モデルルーム情報

府中のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

府中市の地域情報

府中市(ふちゅうし)は、関東地方の南部、東京都の多摩地方にある都市。旧北多摩郡。 律令時代には武蔵国の国府が置かれた都市で、他の「府中」と区別する為に「武蔵府中」とも呼ばれる(例:武蔵府中郵便局、武蔵府中税務署)。 また、同名の市に広島県府中市があるが、これは2006年1月1日に福島県伊達市が成立し北海道伊達市と同名になるまで唯一の存在であった。
概要
地理的には東京都のほぼ中央に位置し伊豆・小笠原諸島を除く)、武蔵野・多摩地域の東部に当たる。東京都区部の新宿から22km西、日本橋からは30km西に位置する。 歴史的には古代より栄え、史実上だけでも大化改新後武蔵国の国府所在地として栄え、古くから関東地方の中心地であった事が分かる。その後、鎌倉時代の要衝地域として、また、江戸時代の参勤交代に於ける主要宿場町として発展する。 戦後も区部以外の主要都市として行政機関、病院等の公共機関が数多く集積する。 交通網としては上記の地理的、歴史的な観点から現在でも東京都区部近郊の交通の要衝として、東西南北(区部、東京郊外、神奈川県及び埼玉県)を結ぶ。これは国府設置以来中心地にある大國魂神社を基点に発達していった事が大いに影響されている。 武蔵野線、南武線、京王線の交差駅を持ち、道路網では東西の区部と郊外とを甲州街道、中央高速道路介してを結び、府中街道、鎌倉街道を介して南北の神奈川県(川崎市・相模原市方面)と埼玉県(所沢市方面)を結ぶ。市内はバス網が充実しており、中央線の各駅から府中市方面に向かって多くの路線が乗り入れている。 生活充実度としては非常に高く、多くの行政機関、病院等が集積し、大企業の研究開発所及び工場等の大規模な施設も多い。平坦地でありながら、多くの緑を有し、広い公園も沢山ある。加えて市内全域に集積型の大きな「ゴミ箱」が配置され、美化面からも非常に評価が高い。 医療面でも市独自に夜間、休日診療環境を用意し、他市に先駆け整備し、育児面では全小中学校への学校給食提供を実施する等、育児世代に高い人気を持つ。加えて防犯意識が強く、不審者情報の共有、連絡が行われている。 高齢者福祉面からも力を注ぎ、市内の各地域文化センターでの入浴設備提供、高齢者見守りネットワーク作りの整備を実施し、11ヶ所の高齢者在宅介護支援センターを拠点として提供している。 特色の1つとして、夜間人口、昼間人口がほぼ同一であり、又、市民の半数以上が市内に通勤・通学で通っている。これは近隣のベッドタウン都市とは違い、職住接近の有る充実した生活環境で有る事を示している。 これらから市民の満足度が高く、市のアンケートでもほぼ全市民が将来も住み続けたい街として回答している。又、住みたい都市として都下第二位の人気を誇る。(参考:MAJOR7(メジャー7) マンショントレンド研究室調査、住んでみたい街アンケート2006年) 日本記録としては、選挙投票開票時間日本一(1992年市長選挙での33分)を保持し続けている。
地勢
多摩川中流左岸の河川段丘に広がり、多摩川対岸に多摩丘陵を望む。市の南辺は多摩川と一致する。市の中央やや南を府中崖線が、北辺に沿って国分寺崖線が、それぞれ東西に走っている。前者の高さは10mから15m、後者は10mから20mである。北東部に標高79mの浅間山(せんげんやま)があり、麓からの高さは30mほどである。 この2本の崖線と浅間山付近を除けば、ほとんどが平坦な土地で可住地面積率は99.7%である。府中崖線の南側を多摩川低地、両崖線に挟まれた部分を武蔵野台地の立川面、国分寺崖線の北を同じく武蔵野面と呼ぶ。なお、崖線をこの地の方言でハケと呼ぶ。府中崖線の南側に沿って府中用水が流れている。市の北東端を、多摩川の支流の一つ野川が流れている。
環境・施設
自然環境面では、基本的に平坦地だが、標高79mの浅間山(前記)があり、雑木林で覆われている。5月中旬には、ムサシノキスゲの唯一の自生地として黄色い花が咲く。ここは浅間山公園として整備され、散策し易くなっている。 浅間山を中心に東部には武蔵野の森公園、少し市の中心地側には府中の森公園がある。市の北側方面には武蔵野台公園が在り、崖線部分には自然のままの雑木林が古の武蔵野の面影として残っている。 多摩川に接する南側には、府中市郷土の森博物館が市民の憩いの場として存在する。更に西側に進むと田園地帯が残る。 施設面では市の東部に、旧関東村(元陸軍・関東軍の軍用飛行場。戦後は米軍のキャンプ)跡地が調布市、三鷹市に跨がって広がり、近年、跡地利用が始まった。東京外国語大学や調布市域の味の素スタジアムはその一例である。武蔵野の森公園はここに在る。 浅間山を挟み、やや中心近くに航空自衛隊府中基地、航空総隊司令部がある。これも米軍基地としても使われていた所である。司令部のため、現業部門は無い。一部米軍基地の跡地が30年以上手付かずのまま残っている。 北東部には府中運転免許試験場がある。東八道路を挟んで広大な東京都立多磨霊園がある(一部は小金井市にも跨る)。 市の中央部は、府中駅を中心に、南口を出ると直ぐに昔ながらの商店街が広がり、さらに府中駅南口市街地再開発事業計画によって、伊勢丹、くるるといった大型施設も立ち並ぶ商業地域となっている。 中心地より少し西側に移ると、日本製鋼所跡地に出来たインテリジェントパークがあり、日本銀行を筆頭に各種金融機関の事務センターが並ぶ。その直ぐ北側に東芝府中工場があり、更に進むと北部には武蔵野台公園に接して東京都立府中病院など病院が集中している。 市の南端は多摩川とその河川敷であり、運動施設や公園が置かれている。近年まで砂利の採取が盛んであり、西武多摩川線や旧下河原線などは、その搬出のために敷設された鉄道である。多摩川競艇場も採取所の跡地である。 多摩川河川敷周辺は、市民の憩いの場が提供されており、いこいの森、府中市郷土の森博物館、市民健康センター(総合体育館、サッカー場、野球場、庭球場)が広がる。また、サイクリングロードが整備されており自転車愛好家が良く利用する。 企業では市の西部に東芝、日本電気、市の南部にサントリー、東京競馬場、読売新聞、東京多摩郵便局(多摩地区から他地区への集配拠点)。 上記以外は概ね宅地である。大規模な団地としては、市の南東部に住宅公団(現都市再生機構)車返団地がある。 府中駅南側には、細い道路両脇に小さい商店が密集し、看板、商品、放置自転車で狭くなった戦後の商店街も残っている。
文化財等
国府所在地らしく、由緒ある祭りや神社などが残る。 大國魂神社参道にあたる馬場大門のケヤキ並木が国の天然記念物、神社本殿が東京都の文化財(建造物)、木造狛犬が国の重要文化財(彫刻)に指定されている。 5月の連休に実施される大國魂神社の例大祭(くらやみ祭り)は、特に有名。 調布飛行場の戦闘機を格納するため造られた掩体壕(えんたいごう)が、市内白糸台に残っており、戦争遺跡として注目されている。
町名等一覧
多磨町(たまちょう)一丁目~四丁目 朝日町(あさひちょう)一丁目~三丁目 紅葉丘(もみじがおか)一丁目~三丁目 白糸台(しらいとだい)一丁目~六丁目 押立町(おしだてちょう)一丁目~六丁目 小柳町(こやなぎちょう)一丁目~六丁目 若松町(わかまつちょう)一丁目~五丁目 浅間町(せんげんちょう)一丁目~四丁目 天神町(てんじんちょう)一丁目~四丁目 新町(しんまち)一丁目~三丁目 幸町(さいわいちょう)一丁目~三丁目 府中町(ふちゅうちょう)一丁目~三丁目 緑町(みどりちょう)一丁目~三丁目 宮町(みやまち)一丁目~三丁目 八幡町(はちまんちょう)一丁目~三丁目 清水が丘(しみずがおか)一丁目~三丁目 分梅町(ぶばいちょう)一丁目~五丁目 住吉町(すみよしちょう)一丁目~五丁目 四谷(よつや)一丁目~六丁目 日吉町(ひよしちょう) 是政(これまさ)一丁目~六丁目 矢崎町(やざきちょう)一丁目~五丁目 南町(みなみちょう)一丁目~六丁目 本町(ほんまち)一丁目~四丁目 片町(かたまち)一丁目~三丁目 宮西町(みやにしちょう)一丁目~五丁目 寿町(ことぶきちょう)一丁目~三丁目 日鋼町(にっこうちょう) 晴見町(はるみちょう)一丁目~四丁目 栄町(さかえちょう)一丁目~三丁目 武蔵台(むさしだい)一丁目~三丁目 北山町(きたやまちょう)一丁目~四丁目 西原町(にしはらちょう)一丁目~四丁目 東芝町(とうしばちょう) 美好町(みよしちょう)一丁目~三丁目 日新町(にっしんちょう)一丁目~五丁目 本宿町(ほんしゅくちょう)一丁目~四丁目 西府町(にしふちょう)一丁目~五丁目

府中の住宅地図を見る

府中の住宅・不動産を購入する前に、府中の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
府中にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから府中で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
府中市の住宅地図