幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 厚木市のマンション

厚木市の新築マンションや分譲マンション

厚木市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
厚木にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や厚木の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

厚木市のマンション・モデルルーム情報

厚木のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

厚木市の地域情報

厚木市(あつぎし)は、神奈川県のほぼ中央に位置する市。第4次首都圏基本計画(1986年決定)では首都圏の業務核都市に位置づけられ、2002年4月1日付けで特例市にも指定されている。 工業・住宅において、東京・横浜の衛星都市として知られる一方、多くの山間部や農業地帯を抱えている。大山方面登山への入口となっている他、市内には温泉も湧いている。 一時は、県央の中心都市として繁栄したが、最近では大型店舗や大学の相次ぐ撤退で、市内の産業空洞化が問題となっている。
地理
厚木市は神奈川県のほぼ中央にあり、東京・横浜からそれぞれ直線距離約60km、30kmに位置している。東京都心までは電車で約45分から1時間半前後。 山中湖を源とする相模川のつくる相模平野の北端に位置し、西の丹沢山地と、そこから南東に開けた相模川西岸の平野部とにまたがる。 海老名市、座間市、相模原市との境界を流れる相模川に、東丹沢山地を源とする中津川・小鮎川が市の北部で合流し、市の南部では玉川が合流している。そのため、河川による侵食地形が複数形成され、市南西部から北東部に向かう間に、台地と侵食盆地が交互にあらわれる。市の北東界では、依知台地が終端から相模川を挟んで向かい側の相模原台地が望める。 相模川は当市付近で中流地形から下流地形に移行し、河口へ向けて沖積平野を形成する。流路に沿って自然堤防が発達しており、厚木町旧市街地や岡田の旧集落がその上に立地している。 古来この地域は交通の要衝として知られ、津久井-平塚間の中間交易や、大山街道中途の大山参りの宿場町として発展した経緯が知られている。その為、元来中卸業者が多く、かつての旧厚木町市街地域には問屋街が形成されていた。現在は消滅してしまったが、水運も盛んで相模川を利用した河川交通の要衝でもあった。また、相模原から大山や平塚へ至る、相武鉄道計画線の主要経由地であったともいわれている。 現在でも県央地域の物流拠点となっており、東名高速道路と小田原厚木道路のインターチェンジや、国道129号、国道246号合同バイパス、国道412号バイパスなどの主要国道が存在しまたそれぞれに交差する。そのことが慢性的渋滞の主要原因になっている。また、129、246の両国道が合流したバイパスは市中心部商業地域(旧厚木町)とその他の西部地域とを分断する形で存在し、商業地域の健全な発展・拡大を妨げていると言われている。1980年代の一時期、慢性的渋滞解消と毛利台・森の里地域の発展を考慮に入れた「厚木都市モノレール構想」を模索展開していたがバブル経済破壊によってその構想は中止されたという。実際にその構想の本が厚木市立中央図書館にある。 大学、短期大学が多い街であり、小田急・小田原線沿線にある大学・短期大学の学生が集まる街でもある。小田急電鉄の特急ロマンスカー(座席指定制の有料特急)の大体が停車する。隣接する平塚市同様、路線バス(神奈川中央交通)、タクシー、ハイヤーなどの自動車型の公共機関と・マイカーで移動する街である。 厚木基地は大和市・綾瀬市にある。また、東証1部上場のアツギは厚木市に拠点はなく、隣接する海老名市に拠点をおく。
産業
交通の要衝として、また首都圏に近いことから研究開発、流通およびサービス業などの企業が集積している。しかし近年、大型店舗や大学の相次ぐ撤退で、市内の産業空洞化が問題となっている。2005年には「企業等の誘致に関する条例」を施行し、新たな企業誘致につとめている。

厚木の住宅地図を見る

厚木の住宅・不動産を購入する前に、厚木の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
厚木にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから厚木で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
厚木市の住宅地図