幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 上尾市のマンション

上尾市の新築マンションや分譲マンション

上尾市の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
上尾にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や上尾の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

上尾市のマンション・モデルルーム情報

上尾のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで比較検討してみることが大切ですよ。

上尾市の地域情報

上尾市(あげおし)は、埼玉県中東部にある市。人口は約22万3000人。江戸時代に中山道の宿場町・上尾宿として始まった。 関東平野の中、埼玉県の中心より少し東にずれた場所にあり、市内に山はない。寛永年間に河道付け替えが行われた荒川の左岸に一部接している。町の大部分は大宮台地にあり、荒川沿いの低地よりわずかに高い。 台地の中を鴨川、芝川が流れる。東では綾瀬川が蓮田市と、支流の原市沼川が平塚付近から伊奈町との境界をなし、北西では荒川支流の江川が藤波付近から桶川市との境界となっている。 宿場町としての「上尾宿」を中心とした旧中山道一帯が江戸時代からにぎわっており、明治に日本鉄道が鉄道を敷いて上尾駅が開業、昭和に国道17号が開通するが、すべて南北に縦断する形で市域を東西に分けている。市街地は上尾駅を中心に広がっている。昭和40年代に4団地(原市団地・尾山台団地・西上尾第一団地・西上尾第二団地)が相次いで建設され、人口が急激に増加した。最近は郊外型大型小売店の進出が著しい。 基幹道路は、JR高崎線とほぼ平行して走る国道17号。交通量が多く、渋滞が多い。現在、迂回路として「上尾道路」の建設工事が進められている。 市中心部は、道路は狭く入り組んでおり、人口密度も高いため、自動車が細い路地を走り抜けるなど、生活環境は良好とは言い難い一面がある。高崎線西側の北部は、昭和50年代から急速に宅地開発され、広い道路を持ち整然と区画された市街地の形成に成功している。 もともと農業が主産業であり、稲作のほか各種野菜の栽培がなされていたが、ベッドタウンとしての宅地開発が進むと同時に企業の進出が相次いだ。市域における農地は減少傾向にあるが、梨・ぶどう・キウイなどのほか、トマト・きゅうり・ほうれんそうなど多様な品目が生産されている。工業では、輸送用機器の製造がさかんであり、日産ディーゼル工業の工場、ブリヂストンサイクルの本社及び工場のほか、アイチ・コーポ-レーションをはじめ自動車部品関連の企業が多数ある。その他、三井金属鉱業の工場・研究所や、市北西部には「上尾領家工業団地」として多数の企業が工場を有している。流通業では、通信販売大手のベルーナが上尾駅東口に本社を構えている。その他、大正製薬が薬草園および総合運動場と称して土地を保有しているが、上尾道路予定地に重なっている。
河川 - 荒川、芝川、鴨川、綾瀬川、原市沼川、江川、上尾中堀川
歴史
現在の上尾市域は中世まで農村地帯であったが、用水の確保が困難なため、水田よりも麦などの畑作が行われていた。江戸時代に中山道整備の一環として上尾宿が置かれると、人口約千人の宿場町ができた。上尾宿は街道沿いの宿場の中では規模が小さかった。この頃は水運が貨物輸送で有利だったため、江戸との運輸交通は荒川を利用した船が中心であり、船着場のあった平方が上尾宿より賑わい、人口も約1300人あった。また、戦国時代から町ができていた原市も中山道の脇往還として機能していた。「原市」の由来は、中世末期に原村といわれていた吉野原村(現在のさいたま市北区吉野町)から、「宿」の部分が分離して「原宿」の名が生じ、後に月に2回の「市」が立った。この地域は天領・旗本領・寺社領・近隣の大名の所領が入り組んでいたが、江戸時代後期には上尾宿のための輸送負担を負う助郷としてまとまりが生まれてきた。 1883年(明治16年)に上尾駅が開業したことから、上尾町が周辺の交通の焦点になって発展しはじめた。その一方、平方は荒川水運の衰退にともなって町としては停滞し、原市も上尾の繁栄から引き離された。後の上尾市を構成する町村は引き続き畑作中心の農村で、大正時代から1930年代までは養蚕も行われた。20世紀後半には東京郊外の住宅地として発展し、1960年代からは工場も増えた。同時期に建設が始まった日本住宅公団(当時)の西上尾第一団地・同第二団地は県内有数の規模である。原市にも原市団地・尾山台団地が建設され、中規模都市としての体裁を整えていった。中山道の通る高崎線東側に比べ、西側は発展が遅れていたが、急速な宅地開発によって市街地は拡大し、子育て世代の若年人口が継続して流入した。現在、住民の高齢化が急速に進行している。 かつて最寄り駅(上尾駅)からバスで20分という田園地帯に建設された西上尾第一団地・第二団地にまで市街地が達し、現在も区画整理事業や宅地造成が進められている。一方、上尾駅周辺には高層マンションが乱立し、富裕層による市中心部への回帰も起こっている。

上尾の住宅地図を見る

上尾の住宅・不動産を購入する前に、上尾の住宅地図を見て、
周辺環境を確認しながら検索されてみはいかがでしょうか。
上尾にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、
これから上尾で送りたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
上尾市の住宅地図