幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 横浜市/マンション
  4. 栄区のマンション

横浜市栄区の新築マンションや分譲マンション

横浜市栄区の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
栄区にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や栄区の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

横浜市栄区の新築マンション、モデルルーム見学

栄区のマンション情報を検索してみよう!

栄区の地域情報、横浜市栄区について

栄区(さかえく)は横浜市を構成する18区のうちのひとつで、本郷台駅を中心に、 いたち川(いたちがわ、「いたち」の表記は『けものへんに由』)沿いに広がる本郷地区と、西部の柏尾川沿いの豊田地区からなる。 横浜市の南に位置し鎌倉市と市境を接しており、旧相模国鎌倉郡(一部が高座郡に属していたとする説もある)に属す。中世、中村氏の一族、中村常宗が笠間に移り住み勢力を張った。 古来より鎌倉とゆかりの深い地域である。金沢区との区境は武相国境である。
栄区の地理 栄区は市の南部に位置し、東西に長く(東西約7km、南北約6km)、東は金沢区、磯子区、西は戸塚区、南は鎌倉市、北は港南区に接している。 栄区の中央を、かつてしばしば氾濫したいたち川が東西に流れ、また西側を柏尾川が南北に流れて低地を形成し、その東側・南側を三浦半島に連なる丘陵地がとり囲むように広がる。柏尾川西岸を中心とした低地には工場、また丘陵地を造成した団地が多く、また丘陵地は市民の森という森林公園にもなっている。 交通の面では、区の北西地域をJR根岸線(京浜東北線)が横断し、また区の西部には柏尾川に沿って南北に東海道本線と横須賀線が縦断し東京あるいは小田原・横須賀方面と接続されている。区北部・南部に東西方向にそれぞれ環状3号道路と環状4号道路が通っている。 商業地は主に本郷台駅周辺と大船駅周辺。区役所や警察署など官公庁は本郷台駅周辺に集中している。南側の鎌倉市と接する部分にある大船の繁華街は横浜市栄区と鎌倉市の双方にまたがっており、大船駅のプラットフォームも横浜市栄区と鎌倉市の双方にまたがっている。 山林の面積は212haで、市域全体の約17.5%を占める。一方住宅地は市域の60.4%に過ぎず、横浜市全体と比較すると、宅地割合が少なく山林割合の多い地域である。
栄区の沿革 栄区地域の歴史は、原始・古代にまでさかのぼることができ、古代、鎌倉郡尺戸郷、荘園時代の山内荘が存在した。横穴墓の分布が特徴的である。相模国鎌倉郡であったため、特に、鎌倉時代には幕府との結び付きが強く、いたち川流域の豊かな田園が食料生産を担い、古代から伝わる製鉄の技術とともに東北地方に対する軍事政策のうえで重要な役割を果たしていたと考えられており、鎌倉道や数多くの史跡が残されている。また、鎌倉が近いことから、中世の動乱期にたびたび戦場となっている。 近代の発展としては、明治21年の大船駅の開業と翌年の横須賀線の開通による大船駅周辺の市街化と、 昭和42年の大船PX(占領軍物資倉庫群)返還以降の本郷台駅周辺の公共施設や高層住宅の建設、 そして昭和40年代から50年代にかけての丘陵地の大規模な住宅開発があげられる。 なお、1970年代半ばまでの本郷地区は、電話が横浜電話でなく鎌倉電話に含まれ、市外局番が他の市内と異なり市内へ掛けるのにも「045」をダイヤルしなければならなかった。

新築・分譲マンション購入前に横浜市栄区の住宅地図を見る

横浜市栄区の住宅・不動産を購入する前に、栄区の住宅地図を見て、 周辺環境を確認しながら検索してみはいかがでしょう。
横浜市栄区にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、 これから栄区で過ごしたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
横浜市栄区の住宅地図