幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 横浜市/マンション
  4. 青葉区のマンション

横浜市青葉区の新築マンションや分譲マンション

横浜市青葉区の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
青葉区にあるマンションを比較しながら購入検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や青葉区の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見てまわり、
あなたの理想の住戸・間取りを是非見つけてください。

横浜市青葉区の新築マンション、モデルルーム見学

青葉区のマンション情報を検索してみよう!

青葉区の地域情報、横浜市青葉区について

青葉区(あおばく)は横浜市を構成する18区のうちのひとつで、旧緑区(港北区から分区)の北部からなる。 青葉区の東側は東名高速道路(第一東海自動車道)と国道246号が走っており、それに沿うようにして東急田園都市線が走っている。区の西側は横浜高速鉄道こどもの国線が走っている。区の北西側は、東京都町田市や川崎市麻生区が接している。 地勢上、横浜都心部よりも、東京都心部に通勤通学する人が多く、このことを揶揄して「青葉都民」や「横浜都民」などとも言われている。東京都内への就業率は6割以上に達すると言われ、横浜市内で市外就業率が一番高い。 東急田園都市線の市が尾駅周辺は青葉区役所、青葉警察署(旧緑北警察署)、県税事務所、緑税務署などを擁する行政上の区の中心部である。区の中心を南北方向に鶴見川が貫流する。人口は港北区についで2番目に多い。
青葉区の沿革 市町村制施行前は現在の青葉区の区域は都筑郡恩田村、奈良村(後に田奈村)、下谷本村、上谷本村、成合村、鴨志田村、寺家村、鉄村、黒須田村、大場村、市ヶ尾村(後に中里村)、荏田村、石川村(後に山内村)、大棚村、牛久保村であった。 1889年4月1日 市町村制施行により、都筑郡田奈村、中里村、山内村、中川村が誕生。 1939年4月1日 都筑郡田奈村、中里村、山内村、中川村が横浜市港北区に編入。 1969年10月1日 港北区から分立し緑区になる。(旧中川村の地域を除く) 1994年11月6日 港北区と緑区を再編し青葉区・都筑区を新設。 大部分は旧緑区から変更されたが旧港北区から青葉区になった地区もある。現在の新石川四丁目20番地付近・国道246号線東京方面沿いの地区がそれで、再編前は旧港北区中川町及び牛久保町であった。この地区はマンション群があり100世帯ほどが居住している。 発足当時の青葉区役所は、緑区北部支所の場所を受け継いだものであったが、現在の青葉区役所は福祉保健センター(旧保健所・旧福祉事務所)や公会堂・スポーツセンターなどが併設された青葉区総合庁舎となっている。 1998年3月20日 東名高速道路横浜青葉インターチェンジ開設。 2002年10月20日 コミュニティ放送局、FM-salusが開局。

新築・分譲マンション購入前に横浜市青葉区の住宅地図を見る

横浜市青葉区の住宅・不動産を購入する前に、青葉区の住宅地図を見て、 周辺環境を確認しながら検索してみはいかがでしょう。
横浜市青葉区にある公園やスーパー、近隣施設などの立地を確かめてみることで、 これから青葉区で過ごしたい新生活・ライフスタイルのイメージができてくる事でしょう!
横浜市青葉区の住宅地図