幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 都営地下鉄三田線のマンション

三田線の新築マンションや分譲マンション

三田線の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
都営地下鉄三田線や東京地下鉄沿線にあるマンション購入を検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や三田線の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見学して、
あなたの理想のマンション物件・住まいが見つけてくださいね。

三田線のマンション・モデルルーム情報

都営地下鉄三田線のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで物件を比較検討してみることが大切です。

都営地下鉄三田線の情報や沿線情報

三田線(みたせん)は、東京都板橋区の西高島平駅~品川区の目黒駅間を結ぶ、東京都交通局が運営する鉄道路線(地下鉄)。正式名称は6号線三田線である。 高島平駅側より開業したが、起点は目黒駅(2000年9月26日より)である。 ワンマン運転を実施しており、保安装置としてホームゲートシステム(東京都交通局での公式名称は可動式ホーム柵)を全駅に装備する。また、南北線とのシステム合わせのため、発車チャイムが同じになっている。 車体及び、路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「ブルー」(青):I 名前の由来は名称制定時の終着駅である三田から。
都営地下鉄の地上駅
三田線の志村三丁目から西高島平までは地上駅である。1956年(昭和31年)当初高島平団地を計画した際、志村三丁目から先も西台・赤塚方面に伸びる地下鉄を想定していた。現在の高島平団地の北辺に沿うように走る三田線西台駅から西高島平駅は、高島平団地の南辺を地下駅のまま通ることで計画されていた。 そもそも蓮根・西台・高島平はかつての徳丸ヶ原(1969年(昭和44年)まではそう呼ばれていた)であり、都心から伸びてくる地下鉄を延伸させるには地上駅とするしかない。しかも、志村三丁目駅から蓮根駅、西台駅の間は不自然なほどS字カーブが続くのである。にもかかわらず地上駅になってしまった背景には、西台地区の地主の反発があったと言われている。 地上区間の長さは都営地下鉄最長の5.2km。1976年開業の高島平~西高島平駅間は一部を除きスラブ軌道となっている。
運転: 目黒駅から東急目黒線の武蔵小杉駅まで相互直通運転を実施している(回送では東急東横線の元住吉駅まで運行)。日中は西高島平~白金高輪、西高島平~武蔵小杉が交互に運転されるが、ラッシュ時には高島平始発・終着(出入庫)、御成門駅折り返しがある。(2000年以降の)御成門行きの設定理由は東京メトロ南北線の折返し列車が白金高輪の引き上げ線を2本とも使用する時があり、その関係で設定されている。 2004年12月23日より2006年まで臨時列車「みなとみらい号」が6300形により高島平~横浜高速鉄道元町・中華街駅間で運行されていた。以後、行楽シーズンに1~2ヶ月に1回の割合で設定されていた。この列車には特製のヘッドマークを吸盤により取り付けている(同列車は現在運行を休止している)。 大晦日の終夜運転を開業から1972年までと1986年以降実施している。 なお2006年9月25日より東急目黒線直通列車の一部が同線内にて急行としての運行を開始した。東急目黒線で急行運転が開始された後も、三田線内は各駅停車での運転となっている。 また新線建設予定の相模鉄道との直通運転も2019年度を目途に東急を通して検討されている。

都営地下鉄三田線の路線図

都営地下鉄三田線の路線図を掲載しています。
Google Mapsの上に三田線路線図を合体させて掲載していますので、
路線・地図の両方から周辺環境を比較検討できますよ。

都営地下鉄三田線路線図

三田線の駅一覧